Home » FreeBSD » Tips – PHP 4.4.9 + OpenSSL 1.0.1j (Tag: )

PHP 4.4.9 + OpenSSL 0.9.8 系の環境を OpenSSL 1.0.1j にアップデートした際に躓いた点を整理します。

configure は通りますが make で以下の様にストップします。

/usr/appli/php-4.4.9/ext/openssl/openssl.c: In function 'zif_openssl_pkey_new':
/usr/appli/php-4.4.9/ext/openssl/openssl.c:1911: error: 'struct php_x509_request' has no member named 'priv_key'
/usr/appli/php-4.4.9/ext/openssl/openssl.c:1913: error: 'struct php_x509_request' has no member named 'priv_key'
/usr/appli/php-4.4.9/ext/openssl/openssl.c: In function 'zif_openssl_pkey_export_to_file':
/usr/appli/php-4.4.9/ext/openssl/openssl.c:1955: error: 'struct php_x509_request' has no member named 'priv_key_encrypt'
/usr/appli/php-4.4.9/ext/openssl/openssl.c: In function 'zif_openssl_pkey_export':
/usr/appli/php-4.4.9/ext/openssl/openssl.c:2006: error: 'struct php_x509_request' has no member named 'priv_key_encrypt'
*** Error code 1

Stop in /usr/appli/php-4.4.9

Apache 1.3 系も OpenSSL 1.0 以降は OPTIM=-DSTACK=_STACK を付加してコンパイルしないと処理出来ませんが、同様の処理が公開されていました。

ext/openssl/openssl.c を差し替える方法でしたが、以下の内容を patch コマンドで PHP 4.4.9 のソースファイルを展開したディレクトリ直下で実行することで修正が反映し、make も正常に終了します。

--- ext/openssl/openssl.c.orig    2007-12-31 16:22:50.000000000 +0900
+++ ext/openssl/openssl.c         2013-01-10 19:10:47.000000000 +0900
@@ -47,6 +47,13 @@

 #define DEBUG_SMIME        0

+#if OPENSSL_VERSION_NUMBER >= 0x10000000L
+#define OPENSSL_D2I_X509_CAST   d2i_of_void *
+#else
+#define OPENSSL_D2I_X509_CAST   char *(*)()
+#define LHASH_OF(x)             LHASH
+#endif
+
 static unsigned char arg2_force_ref[] =
                        { 2, BYREF_NONE, BYREF_FORCE };
 static unsigned char arg2and3_force_ref[] =
@@ -179,8 +186,8 @@
 static char default_ssl_conf_filename[MAXPATHLEN];

 struct php_x509_request {
-        LHASH * global_config;        /* Global SSL config */
-        LHASH * req_config;           /* SSL config for this request */
+        LHASH_OF(CONF_VALUE) * global_config; /* Global SSL config */
+        LHASH_OF(CONF_VALUE) * req_config;    /* SSL config for this request */
         const EVP_MD * md_alg;
         const EVP_MD * digest;
         char        * section_name,
@@ -340,7 +347,7 @@
                 const char * section_label,
                 const char * config_filename,
                 const char * section,
-                LHASH * config TSRMLS_DC)
+                LHASH_OF(CONF_VALUE) * config TSRMLS_DC)
 {
         X509V3_CTX ctx;

@@ -720,7 +727,7 @@
                 if (in == NULL)
                         return NULL;

-                cert = (X509 *) PEM_ASN1_read_bio((char *(*)())d2i_X509,
+                cert = (X509 *) PEM_ASN1_read_bio((OPENSSL_D2I_X509_CAST)d2i_X509,
                                 PEM_STRING_X509, in,
                                 NULL, NULL, NULL);
                 BIO_free(in);
@@ -1859,7 +1866,7 @@
                 case EVP_PKEY_RSA2:
                         assert(pkey->pkey.rsa != NULL);

-                        if (NULL == pkey->pkey.rsa->p || NULL == pkey->pkey.rsa->q)
+                        if (NULL == pkey->pkey.rsa || NULL == pkey->pkey.rsa->p || NULL == pkey->pkey.rsa->q)
                                 return 0;
                         break;
 #endif
@@ -1871,7 +1878,7 @@
                 case EVP_PKEY_DSA4:
                         assert(pkey->pkey.dsa != NULL);

-                        if (NULL == pkey->pkey.dsa->p || NULL == pkey->pkey.dsa->q || NULL == pkey->pkey.dsa->priv_key)
+                        if (NULL == pkey->pkey.dsa || NULL == pkey->pkey.dsa->p || NULL == pkey->pkey.dsa->q || NULL == pkey->pkey.dsa->priv_key)
                                 return 0;
                         break;
 #endif
@@ -1879,7 +1886,7 @@
                 case EVP_PKEY_DH:
                         assert(pkey->pkey.dh != NULL);

-                        if (NULL == pkey->pkey.dh->p || NULL == pkey->pkey.dh->priv_key)
+                        if (NULL == pkey->pkey.dh || NULL == pkey->pkey.dh->p || NULL == pkey->pkey.dh->priv_key)
                                 return 0;
                         break;
 #endif

Random Select

VAIO Fit 13A (背面)
hp dv5 has broken again and again で 5 年 3 ヶ月程愛用してきた hp dv5 の 5 回目の故障を機に、新たにノート PC を購入することにしました。初めてノー
味噌ラーメン (1)
少し前に沖縄つながりの友達から ラーメンさんぱち を教わりました。札幌が発祥で沖縄には石垣を含めて 7 店舗もありますが、都内どころか関東近県では お茶の水店 しかありません。運良くオフィスからは歩い
Rack Sample 0
radserv ファームウェア別書き込みテスト の後、BIOS のバージョンアップに少々手こずりました。最近は DOS 起動 CD (ブータブル CD) より USB メモリを用いた方法がメジャーの様
Drive Network Philosophy
バージョン隠蔽 (sendmail) に続いて、Apache での対応をご紹介しましょう。ServerSignature (httpd.conf)ServerSignature OffErrorDoc
EXTRA COLD (クーラー)
エクストラコールド BAR で味わう氷点下のスーパードライが、自宅でも再現出来るクーラーがあり、必ずもらえる ! キャンペーン でゲット出来ると知りました。でも、48 枚シールを集めるということは、3
野菜炒め定食 (ライス 大)
現在利用しているデータセンターの前にあることはずっと気が付いていましたが、つい最近まで単なるお弁当屋さんだと思い込んでいました。ところが、お店の中に入っていく人に初めて気が付きました。何気にお店をよく
ESXi 5.1 ? Install or Updrade (F1 Details)
VMware ESXi 5.1 Install (ESXi Found – RAID5 ディスク初期化) の続きです。RAID1 を構成するハードディスクの初期化した本数により、VMwar
ARROWS X F-10D
ARROWS X F-10D (No. 2) の続きです。電池が多少持つ様になりましたARROWS X F-10D (No. 1) で使い始めた際の電池の消耗の速さが幾分か緩和出来ました。朝フル充電し
エチオピア 本店 1F 入口
ここ最近はすっかり豆カレーがお気に入りで、辛さ 40 – 50 倍も試しています。三鷹の森ジブリ美術館 (Part 1) は祭日に行きましたが、その前にわざわざエチオピアに行ってしまう程。
資生堂パーラー サロン・ド・カフェ メニュー
資生堂パーラー サロン・ド・カフェ で 1 月から続いているこだわりの "苺" フェアに、先月の第 2 弾のタイミングで訪れました。道路を挟んですぐとなりにも資生堂が出店しているた
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint