Home » FreeBSD » Tips – PHP 4.4.9 + OpenSSL 1.0.1j (Tag: )

PHP 4.4.9 + OpenSSL 0.9.8 系の環境を OpenSSL 1.0.1j にアップデートした際に躓いた点を整理します。

configure は通りますが make で以下の様にストップします。

/usr/appli/php-4.4.9/ext/openssl/openssl.c: In function 'zif_openssl_pkey_new':
/usr/appli/php-4.4.9/ext/openssl/openssl.c:1911: error: 'struct php_x509_request' has no member named 'priv_key'
/usr/appli/php-4.4.9/ext/openssl/openssl.c:1913: error: 'struct php_x509_request' has no member named 'priv_key'
/usr/appli/php-4.4.9/ext/openssl/openssl.c: In function 'zif_openssl_pkey_export_to_file':
/usr/appli/php-4.4.9/ext/openssl/openssl.c:1955: error: 'struct php_x509_request' has no member named 'priv_key_encrypt'
/usr/appli/php-4.4.9/ext/openssl/openssl.c: In function 'zif_openssl_pkey_export':
/usr/appli/php-4.4.9/ext/openssl/openssl.c:2006: error: 'struct php_x509_request' has no member named 'priv_key_encrypt'
*** Error code 1

Stop in /usr/appli/php-4.4.9

Apache 1.3 系も OpenSSL 1.0 以降は OPTIM=-DSTACK=_STACK を付加してコンパイルしないと処理出来ませんが、同様の処理が公開されていました。

ext/openssl/openssl.c を差し替える方法でしたが、以下の内容を patch コマンドで PHP 4.4.9 のソースファイルを展開したディレクトリ直下で実行することで修正が反映し、make も正常に終了します。

--- ext/openssl/openssl.c.orig    2007-12-31 16:22:50.000000000 +0900
+++ ext/openssl/openssl.c         2013-01-10 19:10:47.000000000 +0900
@@ -47,6 +47,13 @@

 #define DEBUG_SMIME        0

+#if OPENSSL_VERSION_NUMBER >= 0x10000000L
+#define OPENSSL_D2I_X509_CAST   d2i_of_void *
+#else
+#define OPENSSL_D2I_X509_CAST   char *(*)()
+#define LHASH_OF(x)             LHASH
+#endif
+
 static unsigned char arg2_force_ref[] =
                        { 2, BYREF_NONE, BYREF_FORCE };
 static unsigned char arg2and3_force_ref[] =
@@ -179,8 +186,8 @@
 static char default_ssl_conf_filename[MAXPATHLEN];

 struct php_x509_request {
-        LHASH * global_config;        /* Global SSL config */
-        LHASH * req_config;           /* SSL config for this request */
+        LHASH_OF(CONF_VALUE) * global_config; /* Global SSL config */
+        LHASH_OF(CONF_VALUE) * req_config;    /* SSL config for this request */
         const EVP_MD * md_alg;
         const EVP_MD * digest;
         char        * section_name,
@@ -340,7 +347,7 @@
                 const char * section_label,
                 const char * config_filename,
                 const char * section,
-                LHASH * config TSRMLS_DC)
+                LHASH_OF(CONF_VALUE) * config TSRMLS_DC)
 {
         X509V3_CTX ctx;

@@ -720,7 +727,7 @@
                 if (in == NULL)
                         return NULL;

-                cert = (X509 *) PEM_ASN1_read_bio((char *(*)())d2i_X509,
+                cert = (X509 *) PEM_ASN1_read_bio((OPENSSL_D2I_X509_CAST)d2i_X509,
                                 PEM_STRING_X509, in,
                                 NULL, NULL, NULL);
                 BIO_free(in);
@@ -1859,7 +1866,7 @@
                 case EVP_PKEY_RSA2:
                         assert(pkey->pkey.rsa != NULL);

-                        if (NULL == pkey->pkey.rsa->p || NULL == pkey->pkey.rsa->q)
+                        if (NULL == pkey->pkey.rsa || NULL == pkey->pkey.rsa->p || NULL == pkey->pkey.rsa->q)
                                 return 0;
                         break;
 #endif
@@ -1871,7 +1878,7 @@
                 case EVP_PKEY_DSA4:
                         assert(pkey->pkey.dsa != NULL);

-                        if (NULL == pkey->pkey.dsa->p || NULL == pkey->pkey.dsa->q || NULL == pkey->pkey.dsa->priv_key)
+                        if (NULL == pkey->pkey.dsa || NULL == pkey->pkey.dsa->p || NULL == pkey->pkey.dsa->q || NULL == pkey->pkey.dsa->priv_key)
                                 return 0;
                         break;
 #endif
@@ -1879,7 +1886,7 @@
                 case EVP_PKEY_DH:
                         assert(pkey->pkey.dh != NULL);

-                        if (NULL == pkey->pkey.dh->p || NULL == pkey->pkey.dh->priv_key)
+                        if (NULL == pkey->pkey.dh || NULL == pkey->pkey.dh->p || NULL == pkey->pkey.dh->priv_key)
                                 return 0;
                         break;
 #endif

Random Select

FreeBSD 9.1-RELEASE 1280x960
自宅や出張時に使用しているノート PC (hp dv5 has broken again) はホスト OS を Windows 7, ゲスト OS に FreeBSD をインストールしています。今回改
FreeBSD Logo
Migrate 32bit to 64bit (FreeBSD, PostgreSQL) に続いて、単なるデータコピーで移行が完了しないケースに 1 つに GDBM (GNU dbm) があります。現
焼チーズパン + マルゲリータ
最初にお断りしておきますが、"朝ごパンセット" は私の造語ですのであしからず (笑)普段は早朝 30 分の散歩の後朝食はヨーグルト程度しか食べませんが、週に 1, 2 回はとてもパ
豆カレー (辛さ 20 倍)
カリーライス専門店 エチオピア 本店 (No. 9 – 特製エビ豆カレー) の続きです。特製エビ豆カレーで、以前食べた野菜豆カレーの不思議さを思い出し、かつ残り 2 メニューで全制覇という
Ti picchio
最近 facebook で 以前の職場 のメンバーを登録し始めました。もう 10 年以上会っていない人達がコツコツ集まってくるにつれ、"やっぱり久しぶりに会いたいよね" ということ
Havana カレー (ビーフ, ライス大盛り, ルー大盛り, 辛さ 5 倍)
前日土曜日は 沖縄出張 (No. 7 ? 毛玉) で戯れた後数人で飲み会がありました。退職したスタッフとも再会してのそれは賑やかな会でした。しこたま飲んだ次の日曜日。いつも通り起きて散歩して半身浴して
hp dv5
Windows 7 では Vista まで標準で表示されていた Quick Launch が非表示とされました。タスクバーに登録するだけでは見通しが悪くなりそうですので、Quick Launch を表
与那国島 (4)
与那国島 (No. 1 – 出発) の続きです。さて、到着しました。予想していたより湿気もなく、日射しは強いけど涼しい感じです。手荷物受取場のゲートがあるすぐ右側に、見慣れたポスター。20
カフェテリア・スタイル
レンタルサーバ (ホスティングサービス) にカフェテリア・スタイルと聞くと、違和感を感じるかもしれません。世間では BTO (Build to Order) の方が通りが良いでしょう。現在の 共有サー
日本最西端の碑
与那国島 (No. 4 – 久部良港) の続きです。西崎灯台に向かう道も当然の様に坂道です。途中まで自転車を押し上げて移動しましたが、小さな駐車場があり、そこからは遊歩道を歩いて登ります。
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint