Home » Food » 沖縄本島 (No. 44 – タコス専門店メキシコ) (Tag: )

沖縄本島 (No. 43 – ステーキハウス四季) の続きです。

到着初日のランチは、元々初体験 2 連続のハシゴランチを計画していました。2 店目は、ここも以前から気になっていたタコス専門店 メキシコ です。

噂には聞いていました。メニューがタコスのみと。老舗とも聞いていますが、そこまで絞り込んで良く続いているなと感心していました。

タコス専門店メキシコ (1)

タコス専門店メキシコ (1)

何度も写真では見たことがある風景です。

タコス専門店メキシコ (2)

タコス専門店メキシコ (2)

店内左側の額縁です。商品への愛が込められている様な暖かい写真です。この様な写真 1 つでもお店の雰囲気が良く表れる気がします。

ステーキランチの後ですが、3 人で訪れて 2 人前をオーダーしました。訪れたのは平日の 14:00 ですが、店頭の写真を撮ってから 4 分後には

タコス (1)

タコス (1)

もう出来上がっていました。タコライスは何度も食べていますし自分でも作りますが、タコスは食べた記憶がほとんどありません。

タコス (2)

タコス (2)

まずはサルサソースをかけて食べてみました。

うんっ ! トルティーヤが何とも言えない軽さとしっとり感で、かすかに記憶にあるタコスとはまるで別物です。ほんのり暖かくて柔らかい食感に思わず頬が緩みます。

そして、チーズも入っていながら控えめで主張せず、タコスミートの味を引き立てています。最初はサルサソースをかけて食べましたが、2 個目は何もかけずにそのままいただきました。

食べた時の食材の一体感と手作りの暖かい感じが、実に素晴らしいと感じます。

後から調べて見つけた記事ですが、何となく分かる気がしましたし、タコス 1 本で 40 年続く理由も分かりました。

まだタコスに食べ慣れないので具がはみ出たりすることはあるものの、本当に来て良かったと思えるお店でした。(続く)

Season 1 (2013/10)
Season 2 (2014/02, 2014/04)
Season 3 (2014/05)
Season 4 (2014/09)
Season 5 (2014/10)
Season 6 (2015/05)
関連ページ

Random Select

Preseved Flower
ほぼ社内向けな話ですが、入社前に希望のメールアカウント (メールアドレス @ 左側の文字列) を確認され、第 1 希望に rose と回答しました。(第 2 希望は普通に yasuhiro と回答)無
辛味つけ麺 中盛 (330g)
以前 facebook のチェックイン + 写真の投稿で評判が良かった つけ麺屋やすべえ の水道橋店には、機会を見つけて通っています。オフィスから歩いて行けなくもない距離 (20 分弱) にありますが
まるよしらーめん (大盛り)
以前からラーメン好きな K 君が "今まででベスト" の勢いで褒めている らーめん まるよし が気になっていました。よく見ると、沖縄支店からは那覇方面に遠出するより若干近い距離にあ
与那国空港 (5)
与那国島 (No. 14 – ビヤガーデン国境) の続きです。明けて 10/08 です。生まれて初めてのひとり旅も、後は帰るだけとなりました。小さな島とは言え、何回か来ないと分からないこと
ハッシュ・ド・ビーフ (2)
ハッシュ・ド・ビーフの作り方 (No. 1) 以降 4 回に分けて紹介した作り方で、今でも最低年に 1 回はたっぷり作って堪能しています。ゴールデンウィークに久しぶりに作ろうと、牛肩ロースブロック(豪
ビーフカレー + カレーソース
欧風カレー ボンディ (魚介カレー) の後は 10 月に訪れましたが、いつも訪れる小川町店ではすでに魚介カレーがメニューから消えていました。この時と 12 月にも 欧風カレー ボンディ (チキンカレー
行き止まり ?
沖縄本島 (No. 24 – 瀬底大橋 工事中) の続きです。国道 449 号線 (本部循環線) から瀬底大橋向けに左折して渡り切ると 沖縄県道 172 号瀬底健堅線 に切り替わります。島
五目焼きそば (3)
とちぎや (肉野菜炒め定食) から日を空けずして、前回ロックオンした五目焼きそばを求めて訪れました。ピリ辛炒めに反応しそうでしたが、キクラゲに興味がないので初志貫徹出来そうです。豚の絵がキュートです。
Becky Logo
Windows 環境ではメールソフトに Becky! を使用しています。普段は FreeBSD で作業していますが、場合によっては同じメールを Becky! 側で開く方が効率が良い場合があるからです。
ハートロック (1)
沖縄本島 (No. 30 – ハンバーグとパンケーキのお店 うるり) の続きです。今回 "うるり" と同じくらい外せないポイントとして、古宇利島のハートロックを挙げてい
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint