Home » Food » 自宅 de カレーライス (ハウス ザ・カリー <辛口> Part 1) (Tag: )

ハッシュ・ド・ビーフ はルーを使わない本格的なレシピで何度も作っていますが、カレーは食べる専門で自宅で作ることは滅多にありませんでした。

カレーはあまりにも奥が深くて二の足を踏んでいたことも事実ですが、凝り性な性格を良く知っているので、凝り始めると仕事もそっちのけでスパイスの調合まで始めそうだからです。

そこまで身構えずとも、身近なルーを使って手軽に美味しく食べる、いわゆる家庭のカレーをたまには作ってみようかと思い、ハウス ザ・カリー を元に作ってみることにしました。

カレーライス 材料 (ハウス ザ・カリー <辛口>)

カレーライス 材料 (ハウス ザ・カリー <辛口>)

ザ・カリーの箱裏のレシピをベースに、にんじん・じゃがいもを追加し、水も 200ml 程追加しました。ルーを入れた後 1 時間は煮込む予定だったためです。

■ 材料 (5 皿分) 1,329 円
ザ・カリー 1 箱 (140g)
224 円
豚肉 300g
740 円
玉ねぎ 2 個
146 円
600 -> 800ml にんじん 1 本
73 円
じゃがいも 2 個
146 円

部位は分かりませんが、今回は素直にカレー用と書かれている豚肉をチョイス。すでに細かく切られているので、野菜をカットします。

にんじん・玉ねぎ・じゃがいも カット

にんじん・玉ねぎ・じゃがいも カット

今まで自宅で作る場合は肉・玉ねぎ、以上というシンプルレシピがほとんどでしたが、今回は家庭のカレーのメジャーどころのにんじん・じゃがいもを追加しています。

ところが、にんじん・じゃがいの煮込んだ時の崩れ加減をすでに覚えていません。なるべくとろけて欲しいため、小さめにカットしました。

肉を炒めて水を入れた鍋に移し、野菜を炒めて再び鍋に移す手順は、ハッシュ・ド・ビーフ同様です。

沸騰してあくを取り、ルウと別添のブイヨンペーストを入れて 15 分程煮込み、火を止めてルウを溶かした後は、弱火で 1 時間程煮込みました。

カレーライス (ハウス ザ・カリー)

カレーライス (ハウス ザ・カリー)

ブイヨンペーストがものすごく良い香りで、ルウと合わせて 1 時間煮込むと今すぐにでもわしわし食べたい気分満点な香りになりました。が、あえて 1 日冷蔵庫で寝かせて、翌日のランチの楽しみとします。(続く)

Random Select

カレーライス 材料 (ハウス ザ・カリー )
ハッシュ・ド・ビーフ はルーを使わない本格的なレシピで何度も作っていますが、カレーは食べる専門で自宅で作ることは滅多にありませんでした。カレーはあまりにも奥が深くて二の足を踏んでいたことも事実ですが、
WS-C2960S-48TS-L (1)
Cisco Catalyst 2960S Command (crypto key generate rsa) では、SSH を有効にする際に対話式で進みました。非対話モードで実行する場合は modul
カベール岬 (5)
久高島 (No. 1 – 安座真港 〜 到着) の続きです。久高港に降りるとすぐ坂道があり、待合所やパーラー風な建物が見えます。自転車のレンタルにみな群がるので少し待ちそうだなと思った時、
Dr. コトー診療所 (防波堤から)
与那国島 (No. 5 – 西崎) の続きです。西崎灯台のある高台から降りて、次は最大の目的地 "Dr. コトー診療所" のオープンセットがある比川に向かいます。島の外
FreeBSD Logo
POODLE (Padding Oracle On Downgraded Legacy Encryption) と呼ばれる攻撃方法を回避するために、SSL 3.0 の無効化が推奨されました。apach
EXTRA COLD (クーラー)
エクストラコールド BAR で味わう氷点下のスーパードライが、自宅でも再現出来るクーラーがあり、必ずもらえる ! キャンペーン でゲット出来ると知りました。でも、48 枚シールを集めるということは、3
かけうどん (冷 + かしわ天)
うどん 丸香 (野菜天盛) からやや日が空きましたが、ついに最後の天婦羅シリーズ "かしわ天" を目指して訪れました。最終更新は 4 月版のままですね。そろそろ "夏期メ
FreeBSD Logo
最近 Drive Network では 共有サーバ ビジネスセレクト に使用する機器を変更しました。(Drive Network Rack Gallery 2012 (Part 4))ハードディスクに
飲み比べ ビアぐらすセット
年末年始の休暇に、ようやく先日いただいた贈り物をゆっくり試すことが出来ました。ビール好きと知っての心遣いだと思いますが、想い起こせば 20 代前半はビールはほぼ飲みませんでした。ダイニングバーでカクテ
豚骨醤油 青ネギラーメン + カレー
哲麺 (豚骨野菜 辛味噌ラーメン + まかない丼) から日を空けずして再び訪れました。3 月も替玉無料が継続するか分からないので、前回のまかない丼や今回の半ライス + カレーかけ放題の様に、全体で食べ
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint