Home » Personal » イノベーションと新サービス (Tag: )

未だにプロダクトアウトではなくサービスインで商品開発すべきという話を聞くこともあります。

私はマーケティングが専門でもなく言葉の意味合いを知っている程度ですが、この言葉だけを聞くと違和感を感じざるを得ません。その違和感について改めて考えてみました。

そもそも二元論的な話 ?

"プロダクトアウト マーケットイン" で検索すれば、用語解説や所感を含めたページが多数ヒットするでしょう。

詳しい説明は省きますが、時代背景も多分に影響して後付けされた解釈でしかなく、商品やサービスが溢れている時代に大量生産時代の方針では立ち行かないために新たにアプローチを変えてみたということでしょう。

元々どんな会社や組織も、お客様に自社の強みを追求して利便や満足感を提供することが商品・サービス開発の根幹思想でしょう。

それまで左に傾いていた針を右に少し押し戻し、中道を取りなさいという程度のことでしかなく、言葉が与えられることで理解した気になる思考停止こそを怖れるべきです。

iPad がマーケットインで生まれるか ?

最近の例で言えば、強いてどちらかに分けるとすれば iPad はプロダクトアウトでしょう。もちろん潜在需要は相当にリサーチしていると感じます。

ただ、世に出てきた時点では "これって、一体どんな用途があるの ? 携帯電話より大きいし、PC 程出来ることが少ないし" と思った人は多数存在したと感じています。

それまでにない入れ物を作りつつ新たな世界を提示したからこそ、市場が創れたのでしょう。

新たな世界とは、それまでの生活の幅が広がることでもあるでしょうし、もっと大きくなれば一つの文化に昇華されるでしょう。

バランスと翻訳

市場は、ほんの少しの先見の明と強く実現したい想いが原動力で創られるのだと思います。

どちらが正しいではなく、またどちらにすべきでもなく、開発した商品・サービスを市場に伝わりやすいように翻訳すること、または市場のニーズを開発側に翻訳することの両輪・バランスこそが大事でしょう。

Drive Network Philosophy では、"価値を創る" "付加価値を高める" ことを柱としていると書きました。

これは私自身の考え方そのものでもありますが、お客様のためになること、したいことを実現する手助けで世界観を提示しつつ (価値を創る)、その反応 (感謝・要望・クレーム・苦情) から付加価値を高め続けることが、1 つの商品・サービスの誕生と成長でしょう。

立ち行かなくなれば、また新たな視点や発想を元に未来を見据えつつ、今の世界より半歩先程度に "翻訳" した商品・サービスを提示することがイノベーションだと、私は考えます。

Random Select

FreeBSD Logo
古い ports のスケルトンを最新の OS 環境で make install する場合、必ずしもコンパイルが終了するとは限りません。OS 側 /usr/include/ 下で関数名が微妙に変更されて
オキハム コンビーフハッシュ 140g
銀座わしたショップ 2014/06/13 (コンビーフハッシュ) 以来 1 ヶ月ぶりに訪れる余裕がわずかに出来たので、もう沖縄ホーメルのコンビーフハッシュ (大 135g) が入荷しているだろうと期待
牛すき鍋膳 肉二倍盛 (1)
吉野家 (ロース豚丼 十勝仕立て) や 吉野家 (牛カルビ丼) のために通い始めてから、牛すき鍋膳 も気になり始めています。販売開始から 4 ヶ月で 1,000 万食を突破したそうで、牛丼とはまるで別
山形水ラーメン
久しぶりに訪れた Pour~cafe’ (ロコモコ テリヤキソース) から 3 ヶ月程空きましたが、再び Pour~cafe’ (プルーカフェ) を訪れました。夏真っ盛りで暑い気候でしたし
マルゲリータ (9)
沖縄本島 (No. 20 – BACAR OKINAWA Part 1) の続きです。いよいよピザの準備に入ります。奥に大きな釜が見えます。キッチン ? の下が冷蔵庫の様で、丸まった状態の
水曜日のネコ (3)
よなよなエール を継続して取り扱っている 東急ストア で、先週頃ようやく 水曜日のネコ が陳列されていることに気が付きました。前略 好みなんて聞いてないぜ SORRY はすぐなくなってしまったので、半
ソーキそば定食
うちなぁ料理と古酒家 ニライカナイ (手打ち生麺 沖縄そば定食) 以来、半年弱ご無沙汰していましたが、そろそろ体内の沖縄そばも切れたので、ふと訪れてみました。メール会員だと請福飲み放題 ? 気になりま
ドライブラック エクストラコールド
エクストラコールド BAR TOKYO 2013 (Part 1) の続きです。さて、いくつかおつまみもオーダーしてみます。初めて入るところでも慣れているところでも、まず枝豆を探してオーダーします。枝
豚骨味噌 白髪ネギラーメン 味こいめ 脂あっさり (1)
哲麺 (豚骨醤油 青ネギラーメン 味こいめ 脂あっさり) から日を空けずして再び訪れました。いつもの凝り性全開です。3 回目もカウンター席でしたが、後ろ壁側の席が珍しく空席でした。気が付くとサインがた
ロマンスロード (3)
久高島 (No. 2 – カベール岬) の続きです。カベール岬から南下すると、小さな看板が見えて来ました。"ロマンスロード" の下に書いてある Romansu Road
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint