Home » Program » Cisco Catalyst 2960S – ip device tracking (Part 2) (Tag: )

Cisco Catalyst 2960S (ip device tracking Part 1) の続きです。

現在ネットワーク内で使用している L2 スイッチは、すべて WS-C2960S-48TS-L です。

Cisco IOS 12.2 系と 15.0 系が混在している環境を、すべて 15.2 系にアップデートしています。

Switch Ports Model              SW Version            SW Image
------ ----- -----              ----------            ----------
*    1 52    WS-C2960S-48TS-L   15.2(1)E              C2960S-UNIVERSALK9-M

完了直後に ip device tracking は無効にしようと試していましたが、

sw(config)#no ip device tracking
% IP device tracking is disabled at the interface level by removing the relevant configs

と出力され、無効化出来ませんでした。

この時はあまり深追いしませんでしたが、改めて調べてみると 15.2 系では既知の bug と見られている様です。

We performed an IOS downgrade on our access layer switches to 15.0(2)SE4, this version allowed us to disable ip device tracking. It appears in newer versions of code(15.2) it was on by default and could not be disabled.

とあり、Interface 単位で

int range gi1/0/1-48
ip device tracking maximum 0

とすることで無効化したことと同様の効果がある様です。

早速試したところ、/var/log/messages の出力は 30 秒程に 1 行に激減しましたが、まだ出現していました。

ip device tracking maximum 0 を投入すると、

sw01#sh ip device tracking all
Global IP Device Tracking for clients = Enabled
Global IP Device Tracking Probe Count = 3
Global IP Device Tracking Probe Interval = 30
Global IP Device Tracking Probe Delay Interval = 0
-----------------------------------------------------------------------------------------------
  IP Address    MAC Address   Vlan  Interface           Probe-Timeout      State    Source
-----------------------------------------------------------------------------------------------

Total number interfaces enabled: 52
Enabled interfaces:
  Gi1/0/1, Gi1/0/2, Gi1/0/3, Gi1/0/4, Gi1/0/5, Gi1/0/6, Gi1/0/7,
  Gi1/0/8, Gi1/0/9, Gi1/0/10, Gi1/0/11, Gi1/0/12, Gi1/0/13, Gi1/0/14,
  Gi1/0/15, Gi1/0/16, Gi1/0/17, Gi1/0/18, Gi1/0/19, Gi1/0/20, Gi1/0/21,
  Gi1/0/22, Gi1/0/23, Gi1/0/24, Gi1/0/25, Gi1/0/26, Gi1/0/27, Gi1/0/28,
  Gi1/0/29, Gi1/0/30, Gi1/0/31, Gi1/0/32, Gi1/0/33, Gi1/0/34, Gi1/0/35,
  Gi1/0/36, Gi1/0/37, Gi1/0/38, Gi1/0/39, Gi1/0/40, Gi1/0/41, Gi1/0/42,
  Gi1/0/43, Gi1/0/44, Gi1/0/45, Gi1/0/46, Gi1/0/47, Gi1/0/48, Gi1/0/49,
  Gi1/0/50, Gi1/0/51, Gi1/0/52

の様に一覧はクリアされますが、いくつかの L2 スイッチでは

#sh ip device tracking all
Global IP Device Tracking for clients = Enabled
Global IP Device Tracking Probe Count = 3
Global IP Device Tracking Probe Interval = 30
Global IP Device Tracking Probe Delay Interval = 0
-----------------------------------------------------------------------------------------------
  IP Address    MAC Address   Vlan  Interface           Probe-Timeout      State    Source
-----------------------------------------------------------------------------------------------
202.152.215.1   0000.0c07.acd7 215  GigabitEthernet1/0/47  30              INACTIVE ARP
202.152.215.3   4c4e.35b2.1445 215  GigabitEthernet1/0/47  30              INACTIVE ARP
202.152.215.2   4c4e.35b0.8645 215  GigabitEthernet1/0/47  30              INACTIVE ARP
202.152.215.21  000c.29c9.ff4d 215  GigabitEthernet1/0/47  30              INACTIVE ARP
202.152.210.89  0021.8511.9eaa 150  GigabitEthernet1/0/2   30              INACTIVE ARP
202.152.210.91  0021.8511.914b 150  GigabitEthernet1/0/6   30              INACTIVE ARP

すでに存在していない Interface が残ったままでした。これは

clear ip device tracking all

で解決しました。

この時点でも 30 秒程に 1 行度出続けていましたが、配線だけ終えて管理 IP アドレスが旧設定でリモートからアクセス出来ない予備スイッチがあることに気が付きました。

この L2 スイッチのアップリンク先の Interface を shutdown したところ見事に止まることとなりました。

上記の経緯から clear ip device tracking all までが必須かは未知ですが、ip device tracking maximum 0 で解決した記事を数件確認したので、このコマンドのみで足りるのでしょう。

Random Select

FreeBSD Logo
sshd や popd に対する brute force attack (総当たり攻撃) が原因で、サーバ側の負荷が急増し、ホームページ参照やメール受信に支障を来すケースが散見されています。sshd
肉野菜炒め定食 (3)
23 年通っている とちぎや で とちぎや (生姜焼き定食) 以外のメニューを初めてオーダーするべく、再び訪れました。日替わりの "サービス定食" は今までまったくのノーマークでし
Drive Network Philosophy
EC-CUBE 2.11 で使用する暗号化された文字列を作成するため、ソースファイルを参考にスクリプト化しました。ソースファイルを展開したディレクトリを /home/tools/appli/eccub
Dr. コトー診療所 (屋上 正面)
与那国島 (No. 8 – Dr. コトー診療所 Part 2) の続きです。病室の入口から玄関を眺めます。事務室にちょっと寄り道するとこの絵は何だろう。吉岡秀隆さんのサイン ? (笑)屋
EXTRA COLD (2011)
2 年前に初めて エクストラコールド BAR がリリースされた時は驚きました。5 年程前まではよくスーパードライは飲んでいましたが、それ以降はあまり自ら口にすることもありませんでした。が、氷点下に冷や
つけ麺 (中) + 薬味ねぎ
三田製麺所 (ちょこっと野菜) から 1 年近く時間が空きましたが、久しぶりに 三田製麺所 を訪れました。消費税率の変更に伴う金額変更以外、特にメニューに変わった様子もありません。トッピングは、チャー
タコライス 材料 (OLD EL PASO タコ・シーズニング)
自宅 de タコライス (OLD EL PASO タコ・シーズニング Part 2) の続きです。沖縄本島 (No. 42 – 払い戻し) で年内最後の沖縄旅行が中止となったので、久しぶり
Drive Network Philosophy
Drive Network のこだわり (SSL 証明書) に続いてご紹介。一般的なお客様にはなじみが薄いかもしれませんが、2004 年頃には Web サイトと Web ブラウザの通信の暗号化以外にも
ハートロック (1)
沖縄本島 (No. 30 – ハンバーグとパンケーキのお店 うるり) の続きです。今回 "うるり" と同じくらい外せないポイントとして、古宇利島のハートロックを挙げてい
サラダとドレッシング
今回の沖縄出張は 10/04 入りの 10/20 帰りでした。本筋の目的は 10/09 – 10/19 で業務しましたが、ここからは最近の定宿 ホテル ノア での寝起きになります。ここであ
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint