Home » Food » 自宅 de カレーライス (ハウス ザ・カリー <辛口> Part 2) (Tag: )

自宅 de カレーライス (ハウス ザ・カリー <辛口> Part 1) の続きです。

出来上がりの猛烈に食欲をそそる香りの誘惑に負けず、1 日寝かしました。

カレーライス (ハウス ザ・カリー) + あきたこまち (白米)

カレーライス (ハウス ザ・カリー) + あきたこまち (白米)

今回は白米のあきたこまちが残っていたため、長谷園 eco かまど (三合炊き – 白米二合) で絶品仕上げの白米をカレーのお供としました。

カレーライス (ハウス ザ・カリー) + あきたこまち (白米)

カレーライス (ハウス ザ・カリー) + あきたこまち (白米)

麦茶も添えて、では、いただきます♪

んまいっ !! これがルウを使ったカレー ? という程美味しいです。ご飯とのマッチングが絶妙に感じるのは、eco かまどの炊き上げに惚れているだけではないでしょう。

強いて言えば、にんじん・じゃがいもはもう少し大きくても良い点と、肉が多少固めで 2 時間煮込んだ ハッシュ・ド・ビーフ 程には味が染みていない点が気がかりです。

十分に合格点ではありますが、次回は条件を少し変えてみます。

2 回目

前回の反省点を活かし、今回は豚肩ロースをチョイスしました。

■ 材料 (5 皿分) 1,273 円
ザ・カリー 1 箱 (140g)
285 円
豚肩ロース 300g
640 円
玉ねぎ 2 個
136 円
600 -> 1000ml にんじん 1 本
68 円
じゃがいも 3 個
144 円

豚肩ロースはブロックで買ったので、前回同様の大きさに刻みました。

豚肩ロース 300g

豚肩ロース 300g

にんじんは多少大きめにしましたが、じゃがいもは崩れる分と形をしっかり残す分の 2 種類の大きさでカットしてみました。

前回若干水が少ない気もしたので、今回は 800ml ではなく 1000ml に増やしつつ、玄米にしてみました。

カレーライス (ハウス ザ・カリー) + あきたこまち (玄米)

カレーライス (ハウス ザ・カリー) + あきたこまち (玄米)

当初は 1 時間煮込むつもりでしたが、とろみ具合を見て 30 分程で火を止めてしまいました。

これが原因か、折角のコクや深みが全然感じられず、カレーの味がかろうじてする液体という感じで、残念な仕上がりとなりました。玄米の炊き具合はとても良かったので、明らかに水の量と煮込む時間が合っていなかったのでしょう。

ザ・カリー 研究員の裏技レシピ を始め、ハウス ザ・カリー を用いた色々なレシピも出回っている様なので、またチャレンジしてみます。

Random Select

Lavender
緑内障 (No. 4) の続きです。9 ヶ月近く様子見前回 2013/03/08 に診察を受けてからしばらく放置していました。点眼せずとも視野の狭窄も進まず眼圧も正常値だったこともあります。一応他の医
WS-C2960S-48TS-L (1)
Cisco Catalyst は SSH でのログインも可能ですが、enable する方法が独特です。aaa new-modelcrypto key generate rsa今回は以下のバージョンでの
Rack Sample 0
Drive Network で運用しているメールサーバ群を紹介します。メールアドレス数が数万規模では一般的な構成と推定しています。概要程度の説明しか記載出来ませんし、テキストアート ? ですがご勘弁く
プレミアム急冷器 (6)
プレミアム急冷器 (Part 1) の続きです。さて、いよいよ冷却開始です。直接氷を投入するレトロ感にも驚きましたが、EXTRA COLD (クーラー) と違って、タイマーが付いていません。金色のスイ
ミニストップ メニュー
コンビニエンスストアのミニストップは、昔から店内でフードメニューが食べられたりデザートもあって、ハンバーガー業界で例えるとモスバーガーの様な独自路線を行くコンビニだと感じていました。今まで自分の生活圏
FreeBSD Logo
Disable SSLv3 (bsdftpd-ssl) に続いて、POODLE (Padding Oracle On Downgraded Legacy Encryption) と呼ばれる攻撃方法を回
雑貨さくら (5)
与那国島 (No. 13 – 雑貨さくら) が 2013/08/24 – 2013/08/28 の期間限定で東京に出店すると知り、楽しみにしていました。始めの方はきっと混雑もす
radserv X
radserv X (FreeBSD 9.1-RELEASE, Root mount waiting) の続きです。FreeBSD 9.1-RELEASE の radserv X へのインストールは
ハッシュ・ド・ビーフ (2)
ハッシュ・ド・ビーフの作り方 (No. 1) 以降 4 回に分けて紹介した作り方で、今でも最低年に 1 回はたっぷり作って堪能しています。ゴールデンウィークに久しぶりに作ろうと、牛肩ロースブロック(豪
FreeBSD Logo
POODLE (Padding Oracle On Downgraded Legacy Encryption) と呼ばれる攻撃方法を回避するために、SSL 3.0 の無効化が推奨されました。apach
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint