Home » FreeBSD » FreeBSD ディスク増設 (gpart, newfs) (Tag: )

My DeskTop のデスクトップでは、3.5″ 2TB x 2 (SATA 3.0) の構成ですが、RAID1 にはせず起動パーティションとバックアップ用ディスクの様にセパレートして使用しています。

バックアップ用ディスク側 (/dev/ada1) が先日破損したため、同機種を買い足して取り付けた後従来の習慣で

# dd if=/dev/zero of=/dev/ada1 bs=1k count=1
# fdisk -BI ada1

dd, fdisk を使い始めましたが、/dev を確認すると

ad6
ad6s1
ada1
ada1s1

の様になり、9.1-RELEASE で構築した /dev/ada0p2 の様に p ではなく s で作成されました。良い機会なので、gpart を改めて手動で使用してみることにしました。

# gpart create -s GPT ada1
gpart: geom 'ada1': File exists

# gpart add -t freebsd-ufs ada1
gpart: autofill: No space left on device

# gpart show ada1
=>        63  3907029105  ada1  MBR  (1.8T)
          63  3907029105        - free -  (1.8T)

# gpart destroy ada1
gpart: Device busy

# gpart delete -i 1 ada1
ada1s1 deleted

# gpart destroy ada1
ada1 destroyed

delete しないと destory は出来ないという良い例ですね。改めてクリアな状態に出来たので、追加します。

# gpart show ada1
gpart: No such geom: ada1.

# gpart create -s GPT ada1
ada1 created

# gpart show ada1
=>        34  3907029101  ada1  GPT  (1.8T)
          34  3907029101        - free -  (1.8T)

# gpart add -t freebsd-ufs ada1
ada1p1 added

# gpart show ada1
=>        34  3907029101  ada1  GPT  (1.8T)
          34           6        - free -  (3.0k)
          40  3907029088     1  freebsd-ufs  (1.8T)
  3907029128           7        - free -  (3.5k)

fdisk, disklabel に相当する作業は終わりました。この後は newfs, mount です。

# newfs -U /dev/ada1p1
/dev/ada1p1: 1907729.0MB (3907029088 sectors) block size 32768, fragment size 4096
        using 3048 cylinder groups of 626.09MB, 20035 blks, 80256 inodes.
        with soft updates
super-block backups (for fsck_ffs -b #) at:
 192, 1282432, 2564672, 3846912, 5129152, 6411392, 7693632, 8975872, 10258112, 11540352, 12822592,
 14104832, 15387072, 16669312, 17951552, 19233792, 20516032, 21798272, 23080512, 24362752,
 25644992, 26927232, 28209472, 29491712, 30773952, 32056192, 33338432, 34620672, 35902912,
(中略)
 3877493952, 3878776192, 3880058432, 3881340672, 3882622912, 3883905152, 3885187392, 3886469632,
 3887751872, 3889034112, 3890316352, 3891598592, 3892880832, 3894163072, 3895445312, 3896727552,
 3898009792, 3899292032, 3900574272, 3901856512, 3903138752, 3904420992, 3905703232, 3906985472

# mkdir /fs
# mount /dev/ada1p1 /fs/

# mount
/dev/ada0p2 on / (ufs, local, journaled soft-updates)
devfs on /dev (devfs, local, multilabel)
linprocfs on /compat/linux/proc (linprocfs, local)
/dev/ada1p1 on /fs (ufs, local, soft-updates)

せっかくですから、ada1 も journaled にしたいので、umount, tunefs で対応します。

# umount /fs

# tunefs -j enable /dev/ada1p1
Using inode 4 in cg 0 for 33554432 byte journal
tunefs: soft updates journaling set

# mount /dev/ada1p1 /fs

# mount
/dev/ada0p2 on / (ufs, local, journaled soft-updates)
devfs on /dev (devfs, local, multilabel)
linprocfs on /compat/linux/proc (linprocfs, local)
/dev/ada1p1 on /fs (ufs, local, journaled soft-updates)

出来ました。後は /etc/fstab に追加して終了です。

/dev/ada1p1     /fs             ufs     rw      2       2

Random Select

Drive Network Philosophy
Drive Network のこだわり (SSL 証明書) に続いてご紹介。一般的なお客様にはなじみが薄いかもしれませんが、2004 年頃には Web サイトと Web ブラウザの通信の暗号化以外にも
日替り (縞ほっけ)
久しぶりに 日本一美味しいサバの塩焼き でご紹介した いさば を訪れました。ここ最近はとなりの 元祖 博多チャンポン ハカタノチカラ が続いていたので、久しぶりの焼き魚です。当然の様にサバを目当てに訪
伊古桟橋 (8)
黒島 (No. 4 – 黒島灯台) の続きです。黒島灯台からはややピッチを上げて 25 分程で入口に着きました。途中に郵便局や共同売店・カフェ等集落があり、ようやく人の気配を感じることが出
マグロづけ丼 (1)
いさば (サーモン西京焼) から 1 ヶ月弱開きましたが、興味があったマグロづけ丼を試すべく訪れました。今日の日替りランチはさわらの西京焼。うーん、うーん。と少し考えましたが、西京焼自体は前回サーモン
揚げずにからあげ (2)
先日同じくひとり暮らしの友達から 揚げずにからあげ について情報をいただき、まずは王道の鶏もも肉で試しました。クリスピー感とガーリック風味の美味しさに驚きましたが、もう一度鶏肉で試す前に"さ
名物黒豚餃子 並盛定食
My Select "日本一シリーズ" 第 3 弾です。お茶の水界隈を 20 年知っている私としては、ここは外せない店舗の 1 つです。知ったのが 12 年程前ですが、ずっと変わら
波ぬ花 (5)
17:30 にスタートした 沖縄本島 (No. 48 – ルフージュ) でエンジンがかかった後は、同じく栄町通りそばの 波ぬ花 を訪れました。2 件目で 19:00 とは私には珍しい行動パ
タコライス 材料 (S&B タコスシーズニング)
沖縄で最後にタコライスを食べたのが 沖縄本島 (No. 19 – タコス屋 <Tacos-ya>) で 3 ヶ月前になります。その間、東京の沖縄料理店でも 2 回程食べましたが
豚骨醤油 青ネギラーメン 味こいめ 脂あっさり (1)
哲麺 (豚骨醤油 青ネギラーメン) で 哲麺 デビューしてから、1 日空けて再び訪れました。青ネギスイッチは Off に出来ましたが、まだ慣れないクリーミーなとんこつラーメンは印象に残っていて、少し時
辛つけ麺 (大盛 500g)
東京オフィスから神保町方面に 4, 5 分靖国通り沿いを歩くと、つけ麺さとう があります。ランチ時に限りませんが、入口手前の慣れないと見落とすところにトッピング無料券があります。味玉温野菜ネギ中に入っ
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint