Home » Food » 哲麺 (豚骨野菜 辛味噌ラーメン + まかない丼) (Tag: )

哲麺 (豚骨野菜ラーメン 醤油) からほぼ 2 ヶ月ぶりに訪れました。普段から 50 円で替玉食べ放題のため、毎回 3 玉は替玉しますが

哲麺 (10)

哲麺 (10)

哲麺 (11)

哲麺 (11)

開店 4 周年記念で今月は無料で食べ放題だそうです。無料であれば、1 玉だけ追加しても損した気分にはならないので、今回はライスものと組み合わせ、足りなければ替玉を追加してみます。

哲麺 (12)

哲麺 (12)

この日の壁側カウンター席にはメニュー表の様なうちわが掲示されていました。これが手元にあると、週 3 日で通いそうです。

豚骨野菜 辛味噌ラーメン

豚骨野菜 辛味噌ラーメン

今日は "豚骨野菜 辛味噌ラーメン" と決めていました。そしてかねてから気になっていた

まかない丼

まかない丼

まかない丼 (300 円) もオーダー。

豚骨野菜 辛味噌ラーメン + まかない丼

豚骨野菜 辛味噌ラーメン + まかない丼

まかない丼は大きく見えますが、6 – 7 口前後の少なめな量です。最初に軽くつまんで驚きましたが、ご飯そのものがかなり美味しいのです。横浜らーめん武蔵家 (ぎょうざ) のガス釜炊きの様な美味しさです。

やや甘辛いたれで味付けされたチャーシューとねぎも絶妙で、全体としても十分に美味しく思わずお代わりしたくなる美味しさでした。

"豚骨野菜 辛味噌ラーメン" は、独特な辛味がじわじわと効いて豚骨スープの味を引き締めています。野菜のシャキシャキ感も最後まで楽しめて、やはり 2 玉は替玉しました。ところで、

哲麺 (9)

哲麺 (9)

女性には 1 つトッピングが無料になるサービスがあり、今回同行した友達にはスタッフから希望のトッピングを確認されていました。私も聞かれたのはなぜでしょう。それはともかく、

女性向け トッピングサービス (味玉子)

女性向け トッピングサービス (味玉子)

のりがハート型で、小粋でした。私の方ののりはハート型ではないので、女性に間違われた訳ではないのかもしれません。(笑)

今回ご飯が想像以上に美味しいことが分かったので、今度こそライス + カレーかけ放題を試してみましょう。

Random Select

川平湾 (16)
石垣島 (No. 7 ? 川平湾 Part 1) の続きです。スタート地点からは右側 (方位は南) の遊歩道を進んで様子をうかがった後は、再びスタート地点に戻り浜に降りました。少し風が強いくらいですが
radserv ZG1
dmidecode をインストールした機器では、BIOS 内のハードウェア情報を OS から参照が可能になります。現在 FreeBSD 7.1-RELEASE i386 で提供している機器を 9.1-
琉球泡盛 与那国 60 度 100 ml 3 本セット (2)
琉球泡盛 与那国 100 ml 3 本セット でいただいた 3 本のうち、30 度, 43 度はすぐに空きましたが、60 度はしばらく手を付けていませんでした。どなん デビュー の時はお猪口の様な小さ
まるよしらーめん (大盛り)
以前からラーメン好きな K 君が "今まででベスト" の勢いで褒めている らーめん まるよし が気になっていました。よく見ると、沖縄支店からは那覇方面に遠出するより若干近い距離にあ
二代目つけ麺
東京オフィスから歩いて 3 分程度のところに、いつも行列の出来る麺どころが めん徳二代目つじ田 です。魚介豚骨と言われるジャンルでしょうか。提供されると、提供したスタッフが "すだちは途中で
枝豆, 黄金チキン, フレンチフライ
セブンイレブン (おつまみセット) を投稿した 1 年半前は、セブンイレブンの枝豆が他のコンビニと比べてダントツと感じていましたが、ある時から食感が変わりました。やや固くて塩もあまり馴染んでいない感じ
hamburger with fries
1990 – 1992 年の 2 年程マクドナルドでアルバイトをしていました。途中からアルバイトでマネージャ (スイングマネージャ) にもなりましたが、この頃はまだバブルが弾けた直後で、今
jQuery Logo
SpritePad – Create and edit css spritesfeedback のデザインも秀逸。簡単に実装できる、ボタン画像のマウスオーバーイベント 10+デザインが良い
水曜日のネコ (3)
よなよなエール を継続して取り扱っている 東急ストア で、先週頃ようやく 水曜日のネコ が陳列されていることに気が付きました。前略 好みなんて聞いてないぜ SORRY はすぐなくなってしまったので、半
沖縄そば (大) + ジューシー
沖縄本島 (No. 10 – スカイライナー) の続きです。ここ最近は 沖縄本島 (No. 7 – 宮良そば) がお気に入りで、沖縄に行く際にはほぼ必ず訪れますが、ふとしたきっ
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint