Home » Food » 沖縄本島 (No. 25 – 新垣ぜんざい屋) (Tag: )

瀬底島 (No. 2 – 瀬底ビーチ) の続きです。

曇天ではあるものの瀬底ビーチを独り占めした後は、以前から予定していた 新垣ぜんざい屋 に向かいます。が、12:00 の開店まで時間があるので備瀬方面をしばらく流しました。

ホテル オリオン モトブ リゾート & スパ

ホテル オリオン モトブ リゾート & スパ

2014/07/26 開業の ホテル オリオン モトブ リゾート & スパ の前を通りました。

本当に個人的な感想ですが、ここがうまく行くのであれば瀬底ビーチ前の出来損ないのホテルも再建して欲しいですね。

もとぶカツオのぼり

もとぶカツオのぼり

本部大橋に引き返し、本部町に向かう途中 もとぶカツオのぼりまつり ののぼりの大群を見かけました。初日は先着順に刺身の無料配布ですか。おぉ。。

新垣ぜんざい

新垣ぜんざい

肌寒い日で 沖縄出張 (No. 17 – きしもと食堂) に切り替えようかとも迷いましたが、近辺を散歩して待ちました。

祭日のこの日の開店前は 3 組 12 人前後の待ち人で、12:00 を少し過ぎて中に入れました。

新垣ぜんざい メニュー

新垣ぜんざい メニュー

メニューが随分いっぱいあるなと思いましたが、良く見れば "氷ぜんざい" しかないことに気が付きます。(笑)

20 人分まで選べます。ぱっと見で果たしてそこまで収容出来るか ? と疑問がよぎりましたが、よくよく数えるとちょうど 20 人座れそうです。団体様貸切用でしょうか。

さんぴん茶はセルフサービスで、温かいさんぴん茶をついで待ちました。

氷ぜんざい (1)

氷ぜんざい (1)

中々な大きさに見えます。

氷ぜんざい (2)

氷ぜんざい (2)

少し食べ進んで崩した様子です。実は沖縄のぜんざいは今日がデビューなので食べ比べは出来ません。

食べている最中にまったくお茶は飲みませんでしたが、すべて食べ切っても変に甘味が残り続けることがないのに、しっかり小豆と甘味を味わった感じが残ります。上品な感じの味がして美味しくいただきました。

ところで、後日お持ち帰りについては面白い話を耳に挟みました。近所の方には鍋を持ち込んで 4 人分等を入れてもらって持ち帰る方もいる様です。さすがに氷なしでしょうね。

名前だけは何度か聞いたことがある ぜんざいの富士家 は普段の行動半径内なので、近いうちに食べ比べてみましょう。(続く)

Season 1 (2013/10)
Season 2 (2014/02, 2014/04)
Season 3 (2014/05)
Season 4 (2014/09)
Season 5 (2014/10)
Season 6 (2015/05)
関連ページ

Random Select

ガーリックチャーハン + コンビーフハッシュ (9)
ガーリックチャーハン + コンビーフハッシュ (Part 1) の続きです。銀座わしたショップ 2014/07/03 (コンビーフハッシュ) でも、沖縄ホーメルのコンビーフハッシュ (大 135g)
マグロづけ丼 (1)
いさば (サーモン西京焼) から 1 ヶ月弱開きましたが、興味があったマグロづけ丼を試すべく訪れました。今日の日替りランチはさわらの西京焼。うーん、うーん。と少し考えましたが、西京焼自体は前回サーモン
カベール岬 (5)
久高島 (No. 1 – 安座真港 〜 到着) の続きです。久高港に降りるとすぐ坂道があり、待合所やパーラー風な建物が見えます。自転車のレンタルにみな群がるので少し待ちそうだなと思った時、
チキンカレー (ルー大盛り, 辛さ 50 倍)
カリーライス専門店 エチオピア 本店 (No. 8 – 辛さ 20 – 40 倍) 以来辛さ 20 倍程度のカレーに落ち着いていましたが、暑い最中、久しぶりにガツーンと辛さ 5
Drive Network Philosophy
オンラインヘルプページの裏側 (No.1) では、名称とコンセプトの説明に留まりました。ここでは、"コントロールパネル" として提供されている製品と、オンラインヘルプページの内部構
EXTRA COLD (2011)
2 年前に初めて エクストラコールド BAR がリリースされた時は驚きました。5 年程前まではよくスーパードライは飲んでいましたが、それ以降はあまり自ら口にすることもありませんでした。が、氷点下に冷や
ビーフカレー (ルー大盛り, 辛さ 25 倍)
カリーライス専門店 エチオピア 本店 (No. 2 – 辛さ 15 – 20 倍) の続きです。行く度に辛さを前回より 5 倍増しにし続け、日々修行の気分です。前回はルーが少な
旅館前から祖納港方面
与那国島 (No. 2 – 到着) の続きです。与那国には 2012 年現在ホテルはなく、すべて民宿的な旅館です。素泊まりが多い中で今回は食事にも力を入れている 旅の館 阿檀 にしました。
沖縄そば (大) + ジューシー
沖縄本島 (No. 10 – スカイライナー) の続きです。ここ最近は 沖縄本島 (No. 7 – 宮良そば) がお気に入りで、沖縄に行く際にはほぼ必ず訪れますが、ふとしたきっ
五目焼きそば (3)
とちぎや (肉野菜炒め定食) から日を空けずして、前回ロックオンした五目焼きそばを求めて訪れました。ピリ辛炒めに反応しそうでしたが、キクラゲに興味がないので初志貫徹出来そうです。豚の絵がキュートです。
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint