Home » Personal » 久高島 (No. 1 – 安座真港 〜 到着) (Tag: )

沖縄本島 (No. 15 – 天神矢 ふたたび) の続きです。

4 年程前に初めて久高島を訪れた際の景色は 景色 (久高島) で掲載しましたが、この時は慌てて飛び乗るくらいにギリギリで最後の乗客だった記憶があります。

今回も前回と同じ安座真港 11:30 発高速船ニューくだか (久高島行き 時刻表・運賃表) で訪れる予定でしたが、余裕を持って 11:00 前には着くことが出来ました。

Google Map を見ると "久高島安座真港定期船切符売場船待合所" と表記されていますが、"安座真港フェリーターミナル" と表記しているページもあります。

安座真港 (1)

安座真港 (1)

すぐとなりに あざまサンサンビーチ がありますが、初めて沖縄出張に来た年にここでビーチパーティーを開催してくれた記憶があります。

安座真港 (2)

安座真港 (2)

港側を見ると、乗船予定の高速船ニューくだかが到着しました。

安座真港 (3)

安座真港 (3)

待合所の前のベンチで最寄りのファミリーマートで買ったお惣菜を食べていると、子猫が 3 匹程寄って来ました。明らかにもらい慣れている感じです。

どうしてそこでそういう顔して待つにゃ ?

ついつい上げてしまいましたが、何だかハトにえさをあげている気分になって来ました。

高速船ニューくだか (1)

高速船ニューくだか (1)

さて、切符も手にしていよいよ乗船です。

高速船ニューくだか (2)

高速船ニューくだか (2)

フェリー後方の乗船場が 10 – 15 人程度は立てる程の広さがあり、進行方向左手の手すり側に陣取ることが出来ました。この時は自転車で乗り合わせた方もいて、生活の一部を感じます。

高速船ニューくだか (3)

高速船ニューくだか (3)

動き出して 2 分としない間に、遠くにうっすらと島らしき影が見えて来ました。あれかな ?

高速船ニューくだか (4)

高速船ニューくだか (4)

その通りでした。10 分程度でここまではっきり見えて来ます。

# また指が入っとるがな。。

高速船ニューくだか (5)

高速船ニューくだか (5)

出発して 13 分程でスローダウンして久高港に停泊する姿勢に入りました。今回 2 回目ですが、前回に続いてとても良い天気に恵まれました。(続く)

Season 1 (2013/10)
Season 2 (2014/02, 2014/04)
Season 3 (2014/05)
Season 4 (2014/09)
Season 5 (2014/10)
Season 6 (2015/05)
関連ページ

Random Select

Herb
私自身はこれまで仕事の選択は、やりたいことありきで探すか、習得目的があって選択して来ましたが、特別やりたいことがなく今の仕事をしている方も多いでしょう。または、プライベートで趣味や習い事等特に打ち込め
かけうどん (冷 + かしわ天)
うどん 丸香 (野菜天盛) からやや日が空きましたが、ついに最後の天婦羅シリーズ "かしわ天" を目指して訪れました。最終更新は 4 月版のままですね。そろそろ "夏期メ
Office Desk
今でも移転元の船橋にはほぼ 2 週間毎には訪れています。普段腰の重い私が 印鑑登録・印鑑証明 の手続きをしている最中、また訪れる機会がありました。住民票はすぐ移したものの、本籍地は船橋のまま未処理でし
Drive Network Philosophy
Drive Network の メールゲートウェイ 構成図 には、FallbackMX (Gateway4) という役割を持つサーバが存在します。メールの再送構成図では、Gateway3 がインターネ
FreeBSD Logo
X-Forwarded-For patch (stunnel-4.35-xforwarded-for.diff) を適用した stunnel 4.35 を 5.08 にアップデートした際に、stunn
ガーリック唐揚 + ライスセット
味安 (さば焼定食) から少し日を空けて、前回気になったガーリック唐揚を試すべく 味安 を訪れました。今回の店頭看板のメニューも前回と多少変化していました。"はまち刺身と豚角煮大根セット&q
濃厚豚崩しつけ麺 + 大盛り (1)
去年の 8 月以来久しぶりに、いつも行列の出来る めん徳二代目つじ田 を訪れました。事前にホームページを見て、メニューが変わっていることに気がついたためです。以前は、つけめん (880 円), 二代目
Lavender
普段は自分から情報収集しませんが、facebook のニュースフィードで気が付いたダイエット方法が気になりました。35 歳を過ぎたあたりから、一度増えると落ちにくいな、という感じが増してきました。ただ
城山 (2)
伊江島 (No. 1 – 上陸) の続きです。伊江港ターミナルに降り立ち、車に乗り込む頃にはすっかりお昼時でした。ランチにするか迷いつつ簡単に島を流し始めると城山 (ぐすくやま) が見えま
松屋銀座 2013/03
有楽町から銀座に向けて移動中に、松屋銀座 の外観が気になることがあります。常時ではありませんが、現在の白くて落ち着く外観に突如広告の様なイメージがポップアップされているのです。これは偶然昨年夏に見掛け
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint