Home » Program » Network Storage Clustering (Tag: )

Network Storage Clustering

2013/03/06 12:34

ここ数年、"理想のファイルシステムとは何か" というテーマで考え続けています。

機器単体では RAID (Redundant Arrays of Independent Disks) により、複数台のハードディスクを組み合わせることで仮想的な 1 台のハードディスクとして運用し冗長性を向上させる技術が浸透しています。

最近の仮想化の流れで、一番遅れている分野がストレージだと感じます。数年で保守が切れる重厚長大な機器を Fibre Channel か iSCSI でマウントする手法が主流に見えます。

が、理想として描いている仕組みに近い技術がすでに存在しています。

感触としては NRFS に近いですが、開発も止まっている様ですし Linux には興味はありません。現時点でのコンセプトは主に以下の通りです。

  • RAID の拡張概念。異なる複数の機器で論理的なディスクアレイを構成する。
  • 機器の追加・削除が短時間もしくは一瞬で自動認識出来る。
  • 広域負荷分散と自律復旧を前提とする。
  • 特定ベンダーに依存しない機器構成。
  • 特定 OS に依存しない。依存する場合は他を圧倒するメリットがある場合。

現在のホスティングサービスの様な用途や、10ms 程度の遅延も認められないケースには非常に敷居が高いかもしれませんが、ASP 用途であれば大いに開発・構築可能な気がしています。

論理的なディスクアレイとする必要はなく、アプリケーション側で分散配置し、機器間で冗長性を確保するだけでも簡単なプログラム構成で実現は出来そうです。

レンタルサーバ (ホスティングサービス) はクラウド・仮想化の流れにリファインさせるとすれば、パッケージ型のサービスから必要機能のみを組み合わせるアプリケーション型のサービスに遷移せざるを得ないでしょう。

インターネットの仕組みの根本 "自律・分散・協調" から考えても、BCP やディザスタリカバリの観点からだけでなく、NRFS の様な仕組みは望まれていると予想しています。

Random Select

やさいそば (大) + じゅうしぃ
古宇利島 (No. 1 – 古宇利大橋 〜 ハートロック) の続きです。翌日 09/21 (日) は再び 3 人での観光です。当初 09/21 に計画していた予定を 09/20 に前倒した
富士家ぜんざい + ミニぜんざい
沖縄本島 (No. 34 – はっぱとマメの木) の続きです。前日 古宇利島 (No. 1 – 古宇利大橋 〜 ハートロック) を訪れた後、ぜんざいでも食べに行く ? と案が出
FreeBSD Logo
古い ports のスケルトンを最新の OS 環境で make install する場合、必ずしもコンパイルが終了するとは限りません。OS 側 /usr/include/ 下で関数名が微妙に変更されて
BLT サンドセット
沖縄本島 (No. 40 – 目利きの銀次 新都心店) の続きです。5 泊 6 日の最終日、ついに東京に帰る日となりました。旅の〆、最後の悪あがきに今回も那覇空港内の A&W OK
41B0205 - 41B0208
Drive Network Rack Gallery 2012 (Part 1) です。ラック背面の俯瞰です。ラックの開錠・施錠は物理キーではなく、データセンターへの入館・入室に用いる ID カードを
よくばりそば + じゅうしぃ
奥武島 (No. 1 – 中本鮮魚店) の続きです。沖縄本島 (No. 7 – 宮良そば) からほぼ半年ぶりに訪れました。前回訪れた後にサラダバーが始まったことはキャッチしてい
おろしそ餃子 並盛定食
天鴻餃子房 (海老にら餃子) から 1 ヶ月経ちました。改めて見ると、中々有名な様です。この日は、気になっていた "おろしそ餃子" を試してみることにしました。ずっと "
ミートソース (メン 大)
柏や (鳥から揚定食) の続きです。やはり気になっていたミートソースに行くしかありません。柏や (ナポリタン) では特大は並の 2.7 倍とありましたし、ナポリタンも並は試していないので、まずは標準を
ビーフカレー・チキンカレー・魚介ミックスカレー
先日 11/02 – 11/04 の連休に沖縄の友達が東京旅行に来ていて、11/03 は案内も兼ねて同行させてくれました。普段は沖縄で会っていますが、私にとっては慣れ過ぎた JR 御茶ノ水
エビ + 野菜カレー (ルー大盛り, 辛さ 60 倍)
カリーライス専門店 エチオピア 本店 (No. 5 – 辛さ 45 – 50 倍) の続きです。前回は辛さ 50 倍で久しぶりに壁を感じましたが、それでもまだ先に進んでみます。
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint