Home » Program » Network Storage Clustering (Tag: )

Network Storage Clustering

2013/03/06 12:34

ここ数年、"理想のファイルシステムとは何か" というテーマで考え続けています。

機器単体では RAID (Redundant Arrays of Independent Disks) により、複数台のハードディスクを組み合わせることで仮想的な 1 台のハードディスクとして運用し冗長性を向上させる技術が浸透しています。

最近の仮想化の流れで、一番遅れている分野がストレージだと感じます。数年で保守が切れる重厚長大な機器を Fibre Channel か iSCSI でマウントする手法が主流に見えます。

が、理想として描いている仕組みに近い技術がすでに存在しています。

感触としては NRFS に近いですが、開発も止まっている様ですし Linux には興味はありません。現時点でのコンセプトは主に以下の通りです。

  • RAID の拡張概念。異なる複数の機器で論理的なディスクアレイを構成する。
  • 機器の追加・削除が短時間もしくは一瞬で自動認識出来る。
  • 広域負荷分散と自律復旧を前提とする。
  • 特定ベンダーに依存しない機器構成。
  • 特定 OS に依存しない。依存する場合は他を圧倒するメリットがある場合。

現在のホスティングサービスの様な用途や、10ms 程度の遅延も認められないケースには非常に敷居が高いかもしれませんが、ASP 用途であれば大いに開発・構築可能な気がしています。

論理的なディスクアレイとする必要はなく、アプリケーション側で分散配置し、機器間で冗長性を確保するだけでも簡単なプログラム構成で実現は出来そうです。

レンタルサーバ (ホスティングサービス) はクラウド・仮想化の流れにリファインさせるとすれば、パッケージ型のサービスから必要機能のみを組み合わせるアプリケーション型のサービスに遷移せざるを得ないでしょう。

インターネットの仕組みの根本 "自律・分散・協調" から考えても、BCP やディザスタリカバリの観点からだけでなく、NRFS の様な仕組みは望まれていると予想しています。

Random Select

らーめん 中 (全部入り)
横浜らーめん武蔵家 (ほうれん草増) の続きです。以前場所もお店もまったく違いますが、同じ系統と思われるお店に入ると、麺の硬さ・味の濃さ・油の量の "お好み" を聞かれることがあり
Gala 青い海 (7)
去年の 2 月になりますが、景色 (Gala 青い海 2010) 以来約 3 年ぶりに Gala 青い海 をゆっくり訪れる時間がありました。2 月の 14 時頃でこの明るさと海の色です。これは 3 年
白神山地の四季 (1)
沖縄本島 (No. 5 – 名護の涌水) の続きです。名護を後にし、前日お泊りしたメンバー宅に移動しました。沖縄市に着く頃にはすっかり晩御飯時でした。普段は運転もあって飲めない方も今日は気
iPod nano (2)
iPod なの (そうなの) の続きです。iTunes は起動しておきます。付属の Lightning – USB ケーブル で PC と接続すると、iTunes の画面が変わります。&q
Drive Network Philosophy
オンラインヘルプページの裏側 (No.1) では、名称とコンセプトの説明に留まりました。ここでは、"コントロールパネル" として提供されている製品と、オンラインヘルプページの内部構
まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー (1)
去年の夏は ORANGINA (オランジーナ) に目覚めてケース買いしましたが、今年はセブンイレブンの "まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー" に猫夢中です。元々は f
ビーフカレー・チキンカレー・魚介ミックスカレー
先日 11/02 – 11/04 の連休に沖縄の友達が東京旅行に来ていて、11/03 は案内も兼ねて同行させてくれました。普段は沖縄で会っていますが、私にとっては慣れ過ぎた JR 御茶ノ水
牛肩ロース 1kg (2)
ハッシュ・ド・ビーフの作り方 (No. 1) の続きです。牛肩ロース次は牛肩ロースを親指や人差し指大に細長く切って、塩・ブラックペパー・赤ワインで味付けしつつ強火で焼く。ミディアム程度かな。焼き終われ
41B0205 - 41B0208
Drive Network Rack Gallery 2012 (Part 1) です。ラック背面の俯瞰です。ラックの開錠・施錠は物理キーではなく、データセンターへの入館・入室に用いる ID カードを
ぶっかけ (冷)
実は 1 人で食べに行って、自分のお金でうどんを食べることは今までありませんでした。小さい頃のトラウマなのでしょうか、どうもうどんが好きになれず、断然そば派。つけ麺もうどんの面影があるので挑戦に二の足
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint