Home » Program » CPU Temperature Error Again (Tag: )

CPU Temperature Error Again

2013/08/06 06:14

ここ最近、沖縄出張前に必ず身近な機器がグズります。前々回は携帯電話の機器交換で前回はノート PC の OS 再インストールでしたが、今回は My DeskTop が再び CPU Temperature Error を頻発する様になりました。

CMOS クリアがまったく効かず

事の発端は、ある日帰宅するとブラックアウトしていて再起動して気が付きました。前回から 4 ヶ月程度後ですから特に CPU ファンやケースファンの掃除もせず、前回同様の手順で進みましたが、馬鹿の 1 つ覚えの様に BIOS 画面では 85 – 87 度台のままです。

BIOS 画面の抜け方次第ではそのまま OS (FreeBSD) が起動出来るのですが、ホスト OS 側で Firefox で作業し、VirtualBox のゲスト OS (Windows 7) で Firefox を起動して facebook を開いたままにしておくだけで、

# sysctl -a | grep temperature
coretemp2: critical temperature detected, suggest system shutdown
coretemp2: critical temperature detected, suggest system shutdown
coretemp4: critical temperature detected, suggest system shutdown
hw.acpi.thermal.tz0.temperature: 27.8C
hw.acpi.thermal.tz1.temperature: 29.8C
dev.cpu.0.temperature: 97.0C
dev.cpu.1.temperature: 97.0C
dev.cpu.2.temperature: 97.0C
dev.cpu.3.temperature: 97.0C
dev.cpu.4.temperature: 98.0C
dev.cpu.5.temperature: 98.0C
dev.cpu.6.temperature: 97.0C
dev.cpu.7.temperature: 97.0C

この状態で明らかに変です。どちらの Firefox も落とすと 67.0 – 71.0C 程度まで落ちますが、やはりおかしいです。

前回参考にした ASUS P8P67-M BIOS アップデート後に CPU Temperature Error! の様に CPU の再換装でもまったく変わりがありません。

出張後に持ち越すこととし、電源ケーブルも抜いて電源を落としました。

シリコングリス調達

後は本当に CPU の温度が高いケースをまずつぶすべきと思い、出張から戻って改めてシリコングリスを調達しました。

シリコングリス + グリス用万能へら

シリコングリス + グリス用万能へら

実は出張前の換装時には、以前塗布したシリコングリスが乾燥していて、CPU, ファン側いずれもきれいに拭い取っていました。

拭い取る前後でもほとんど BIOS 側の認識は変わらなかったので、あまり効果を期待していませんでした。

CPU ファン

CPU ファン

シリコングリス付着

シリコングリス付着

CMOS クリアしつつ CPU ファンを外し、まず CPU に 2, 3 回スポイトを押して付着させ、へらできれいに伸ばしました。

その後はただ CPU ファンを取り付けて再稼動させましたが、まったく変わらず。しばし考えた後改めて CPU ファンを取り外すと、

CPU ファン側 シリコングリス付着

CPU ファン側 シリコングリス付着

CPU ファンの金色の部分にほとんどシリコングリスが付着していなかったので、CPU 側に付着したシリコングリスを拝借し、金色の部分にも満遍なく塗布しました。

その作業の際、CPU を一度完全にソケットから外しました。再換装して起動すると

CPU 温度 (37 度)

CPU 温度 (37 度)

New CPU Installed らしき文字が見えた後エラーなく OS 起動に遷移したので、BIOS 画面を呼び出すと至って常識的な温度で認識されていました。

結局どこが決め手だったのかは定かではありません。CMOS クリア -> シリコングリス付着では NG で、CMOS クリアは少し前にしたけど CPU 取り外し -> シリコングリス再付着では OK でした。

CMOS クリア -> CPU 取り外し -> シリコングリス除去・付着であれば完璧なのでしょうか。もう再発して欲しくありませんが、次回の参考とします。

ちなみにこの状態で前述の 90 度超えの操作をしても、せいぜい 50 度程度ですぐに 40 度台前半に落ち着きます。ひとまずは安心しました。

Random Select

豆カレー (辛さ 20 倍)
カリーライス専門店 エチオピア 本店 (No. 9 – 特製エビ豆カレー) の続きです。特製エビ豆カレーで、以前食べた野菜豆カレーの不思議さを思い出し、かつ残り 2 メニューで全制覇という
FreeBSD Logo
Migrate 32bit to 64bit (FreeBSD, GDBM) に続いて、ionCube PHP Loader も問題が発生する要因の 1 つです。従来より amd64 で動作している環
Healthy Smoothies
休日 (03/31) の朝、腸まで届くビフィズス菌について調べていたところ、常識を覆す記事を見掛けました。ビフィズス菌は大腸癌ができやすい腸で殖える (キャッシュ のみ参照可能の場合あり)乳製品は人類
CPU ファン側 シリコングリス付着
ここ最近、沖縄出張前に必ず身近な機器がグズります。前々回は携帯電話の機器交換で前回はノート PC の OS 再インストールでしたが、今回は My DeskTop が再び CPU Temperature
ESXi 5.1 Install (5)
VMware ESXi 5.1 Install (Boot image is corrupted) では予期しないエラーに出くわし、インストールがどの程度時間を要するか把握出来なかったので、別環境にイ
FreeBSD Logo
Drive Network で収容サーバ (お客様の機器) の機器を変更する様な場合、大量のデータ移行が必要ですが、rsync による差分同期でデータ移行に必要な時間を圧縮することが出来ます。しかしな
hamburger with fries
1990 – 1992 年の 2 年程マクドナルドでアルバイトをしていました。途中からアルバイトでマネージャ (スイングマネージャ) にもなりましたが、この頃はまだバブルが弾けた直後で、今
ミックスカレー
前回の記事 欧風カレー ボンディ (野菜カレー) から半年程経過していますが、この間も数回は訪れています。今回は初メニューのミックスカレーに挑戦しました。東京オフィスの後輩が満 3 年を迎えたので、さ
一番搾り FROZEN GARDEN
一番搾り フローズン <生> の続きです。8/13 – 8/17 はお盆期間ということで、12:00 – 22:00 での営業時間とのこと。8/14 はお盆期間だか
Drive Network Philosophy
オンラインヘルプページの裏側 (No.1) では、名称とコンセプトの説明に留まりました。ここでは、"コントロールパネル" として提供されている製品と、オンラインヘルプページの内部構
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint