Home » Food » 常陸野ネストビール (Tag: )

常陸野ネストビール

2013/10/16 03:29

先日プレゼントに常陸野ネストビールを数本いただきました。

製造元 木内酒造 は初めて聞いた名前ですが、調べるとビール製造は 1996 年からでも清酒では 180 年近い歴史を持つ老舗です。

木彫りを思わせるフクロウが目に付きます。数種類入っていたので、まずはぱっと目に入った ホワイトエール から試してみました。

ホワイトエール + ネストオリジナル ゴブレットグラス

ホワイトエール + ネストオリジナル ゴブレットグラス

ネストオリジナル ゴブレットグラス も入っていたので、せっかくですから注いでみます。

苦味のあるオレンジも感じながら、キレが良い感じがします。ラベルを見ると発泡酒とありますが、単に "ハーブスパイス等を副原料として使用するため、酒税法上発泡酒の区分" の様です。

ホワイトエール + ネストオリジナル マグカップ

ホワイトエール + ネストオリジナル マグカップ

ネストオリジナル マグカップ もいただいたので、2 本目はこちらに注いでみました。確かに泡がキメ細かくまろやかになりました。不思議です。

だいだいエール

だいだいエール

次は だいだいエール を試しました。これは名前の通り柑橘風味が強く、少々慣れないので戸惑いました。"代々 (だいだい) この地に伝わる橙の香りをお楽しみください" か。いいですね。

ネストビール アンバーエール

ネストビール アンバーエール

さて、次は アンバーエール です。黒ビールの様な色をしていますが、期待に違わないコクと風味です。食事とともにたしなむ 1 本という感じがします。

ネストビール ペールエール

ネストビール ペールエール

最後は ペールエール で、これが一番フィットしました。名前の通り、フローラルでリッチな香りです。思わず味わうより先にごくごく飲んでしまいました。

あまり先入観もないままに一通り飲み干し、後から調べて老舗であることが分かりましたが、手造りビール工房 も気になります。

工場見学はあっても、"あなたがつくるあなただけの手づくりマイビールが簡単に" 造れるとは驚きです。要チェックや。。

Random Select

川平湾 (23)
石垣島 (No. 8 ? 川平湾 Part 2) の続きです。日陰で波とたわむれてまったりした後は、スタート地点から左側 (方位は北) を目指してゆっくり散歩を始めました。着いた直後に川平公園入口で
jQuery Logo
jQuery 日本語リファレンス検索もしやすくデザインも秀逸。A Large Collection of Useful jQuery Utils小技集。jQuery.hexToRGB() は重宝しそう
冷やかけ わかめ (丸天)
2 ヶ月程前に久しぶりに うどん 丸香 (まるか) に行って以来、何度か通っています。ようやく美味しさが分かってきた気がします。つゆも麺も、やっぱり他と食べ比べると違いますね。温かいうどんはまだ食べた
対応後
調査した結果では Windows 7 に限らない様ですが、何のきっかけかは特定していませんが突然 flv ファイルのサムネイル表示 (縮小版表示) が RealPlayer のアイコンに代わってされな
銀座わしたショップ 2014/11/13 (3)
銀座わしたショップ 2014/07/03 (コンビーフハッシュ) 以来 4 ヶ月ぶりに訪れました。沖縄本島 (No. 41 – A&W 那覇空港店 初ルートビア) で初挑戦したルー
Office Desk
今でも移転元の船橋にはほぼ 2 週間毎には訪れています。普段腰の重い私が 印鑑登録・印鑑証明 の手続きをしている最中、また訪れる機会がありました。住民票はすぐ移したものの、本籍地は船橋のまま未処理でし
iPhone 6 Plus (Gold)
iPhone 6 Plus (自動タイムゾーン オフ) の続きです。今回は iPhone 6 Plus (機種選定・契約変更) の際、ドコモショップで電話帳の移行まで対応してくれました。ところが落ち着
どなん (1)
先日の出張 (05/27 ? 06/09) でついに初めて飲みました。飲みましたというより、なめました。景色 (久高島) でも触れましたが、与那国島好きな私としては一度は試してみたい泡盛でした。沖縄本
劇団セット 初夢 (本まぐろ 5 カンセット)
すし銚子丸 (紅白すし合戦 Part 1) の続きです。すでに 10 皿近くをクリアしたところで、まかじきが通りました。自宅 de 与那国産カジキ (Part 2) との区別はつきませんが、カジキと名
Herb
記事を書くに際し、"褒める" と "ほめる" でどちらが検索エンジンにヒットするか調べた時に、褒めるトレーニングだとか、褒める技術の様なタイトルを目にしました。
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint