Home » Food » つけ麺 道 (特製つけ麺)

道の塩 (特製塩らーめん) で、期せずして 道の塩 にめぐり合った 1 週間後に を訪れました。

道 (1)

道 (1)

ディズニーランドのアトラクション同様の覚悟で、11:30 の開店に 10:00 に訪れると、すでに 10 人近く並んでいました。一体、先頭は何時から並んでいるのでしょうか。

日差しが強く、日焼け止めを塗って来れば良かったとやや後悔し始めた時、スタッフの方が日傘を希望する方に貸し出す様告げて周りました。用意の良さにいささか驚きですが、遠慮なく貸していただきました。

道 (2)

道 (2)

11:20 頃、ようやく店舗前の日陰に移動出来ました。"亀ありくん" も少し疲れて見えるのは気のせいでしょうか。

道 メニュー

道 メニュー

今日も特製で攻めてみます。

道 (3)

道 (3)

道 (4)

道 (4)

11:45 頃には着席出来て、

特製つけ麺 (中盛 300g)

特製つけ麺 (中盛 300g)

11:50 頃、並び始めて約 2 時間後にいよいよご対 “麺” することが出来ました。

特製つけ麺 (中盛 300g)

特製つけ麺 (中盛 300g)

やや不揃いに見える麺ですが、手打ち感満載です。

特製つけ麺 (中盛 300g)

特製つけ麺 (中盛 300g)

特製つけ麺の具も豪華ですが、"本日の薬味" はあごとえびのすりつぶしの様です。

麺だけ食べてみると、今まで食べた来た麺の中では小麦感が一番しっかりしています。中に香りの良い小麦がいっぱい詰まっている感じです。パン・麺好きの方にはたまらない食感でしょう。

スープがただの濃厚魚介系ではなく、おそらくふた工夫くらいされている様なとろみのあるスープです。量がいささか少ないかと気になりましたが、他のお客さんでスープ自体のお代わりをしていたので、受け付けていただける様です。

クリームブリュレ

クリームブリュレ

そして同席した友達がチョイスした女盛で食後に出て来たクリームブリュレです。バニラビーンズの味が濃厚でこれもお口直しにはピッタリでしょう。

意外にも "素つけ麺" でも最後まで飽きることなくいただける気がします。繁盛店の風格は伊達ではありませんでした。

Random Select

ユーグレナモール
石垣島は、西表島や 与那国島 への経由で旧石垣空港や離島ターミナルを利用したのみで、島内を観光したことはありませんでした。それが今回、ゴールデンウィーク中に石垣島を訪れることになりました。ゴールデンウ
eco かまど (22)
長谷園 eco かまど (三合炊き – 玄米二合) の続きです。前回は説明書き通りの分量で炊きましたが、火が弱かったのか、"上ふたの穴から蒸気が勢いよく噴き出し始めて 1 ? 2
国産 21 世紀雑穀米
こなゆきコラーゲン でお世話になっている タマチャンショップ が実に色々商品を出していることを知り、シャンプーや洗顔料と一緒に 国産 21 世紀雑穀米 を買ってみました。最近まで玄米や雑穀米にはまるで
沖縄そば (大) + ジューシー
沖縄本島 (No. 10 – スカイライナー) の続きです。ここ最近は 沖縄本島 (No. 7 – 宮良そば) がお気に入りで、沖縄に行く際にはほぼ必ず訪れますが、ふとしたきっ
朝日レストラン (18)
沖縄出張 (No. 34 – 朝日レストラン Part 1) の続きです。B (小) 150g 1 人分はすでに終わり、サービスメニュー 3 人分 900g のお肉がこれから焼かれます。ま
radserv X
radserv X (FreeBSD 9.1-RELEASE, DVD Install, Part 1) の続きです。BIOS 設定は初期化したままで進めないか、改めて試してみました。mountroo
川平湾 (16)
石垣島 (No. 7 ? 川平湾 Part 1) の続きです。スタート地点からは右側 (方位は南) の遊歩道を進んで様子をうかがった後は、再びスタート地点に戻り浜に降りました。少し風が強いくらいですが
41B0205 - 41B0208
Drive Network Rack Gallery 2012 (Part 1) です。ラック背面の俯瞰です。ラックの開錠・施錠は物理キーではなく、データセンターへの入館・入室に用いる ID カードを
タコス (2)
沖縄本島 (No. 43 – ステーキハウス四季) の続きです。到着初日のランチは、元々初体験 2 連続のハシゴランチを計画していました。2 店目は、ここも以前から気になっていたタコス専門
サーモン西京焼 (1)
いさば (サバ) から時間を空けずに訪れました。今日こそは、気にはなりつつも試していなかったサーモン西京焼 + 納豆 + のりで豪華ランチ (?) と決め込んで訪れました。地下の入口に下る途中に、おそ
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint