Home » Personal » 銀座わしたショップ 2014/06/13 (コンビーフハッシュ) (Tag: )

銀座わしたショップ 2014/06/13 (三線自動演奏機) の続きです。

1F は食料品を含めた物販がメインなので、改めて眺めてみることにしました。1F の入口左手側は冷蔵食品が並んでいて、

銀座わしたショップ 2014/06/13 (5)

銀座わしたショップ 2014/06/13 (5)

最近興味があるジーマーミ豆腐もこの量だけではなく、もう 2 面程大量に陳列されています。

銀座わしたショップ 2014/06/13 (6)

銀座わしたショップ 2014/06/13 (6)

沖縄そばの麺や具も見かけました。

銀座わしたショップ 2014/06/13 (7)

銀座わしたショップ 2014/06/13 (7)

1F 奥にはパーラー島風がありますが、その直前の棚には大好きなタコライスのソースやレトルトが並んでいます。

沖縄県内で入手出来る値段ははっきり覚えていませんが、少々高い気がします。そして、その棚の一部でついに見つけました。

銀座わしたショップ 2014/06/13 (8)

銀座わしたショップ 2014/06/13 (8)

内地では コンビーフ と言えば繊維質で鍵付きの缶詰をイメージし、おそらく日常食からは遠いイメージですが、沖縄でコンビーフと言えばコンビーフハッシュのことを言う様です。(沖縄料理を陰で支える超ローカル食材「コンビーフハッシュ」とは何か)

ケンミン SHOW で放映されていた沖縄ホーメルのコンビーフハッシュ (大 135g, 小 70g) は入荷待ちで見当たりませんでしたが、SS 缶 (80g) はたくさんありました。S 缶 (190g) も入荷待ちの様です。

もしやと思い探してみると、案の定 コンビーフハッシュをつくろう 等で自作されている方もいました。

私自身はケンミン SHOW で初めて知った程今まで無意識だったこともあり、今回は視察に止めました。

次回沖縄入りした際には、意識してコンビーフハッシュを使ったメニューを試した上で購入してみることにします。その頃には騒ぎも落ち着くでしょう。(続く)

Random Select

黒島灯台 (2)
黒島 (No. 3 – 黒島研究所) の続きです。黒島研究所から黒島灯台までは島の左下 1/4 周を移動する感じですが、途中に白砂とサンゴが美しいビーチ "仲本海岸"
伊江島 (11)
伊江島 (No. 4 – 湧出 〜 島の駅) の続きです。島の駅から戻って伊江港ターミナルにつくと、もう車を搬入するにはちょうど良い時間でした。乗船まではまだ少し時間がありそうでしたので、
高江洲そば
沖縄出張 (No. 3 – 高江洲そば) の続きです。高江洲そば は店舗移転のため 2013/05/20 より休業し、2013/06/10 に新店舗をオープンしたそうです。そのため前回 S
東綾瀬公園 (2)
今年は観測史上 2 番目に桜の開花が早いとのことでした。個人的には、ここ 1 年程は実際の気候とカレンダーが 1 ヶ月近くずれ続けている気がしています。それはともかく、自宅の近所には通路と公園を兼ねた
FreeBSD Logo
FreeBSD kernel compile でも紹介した通り、常に kernel 再構築によりカスタムカーネルで稼動させています。私はカスタムカーネルの名称を `hostname -s` にする習慣
三鷹の森ジブリ美術館 (4)
三鷹の森ジブリ美術館 は 10 年程前に一度訪れていますが、今回連休中に再び訪れる機会がありました。まずは JR 三鷹駅まで電車の旅で、南口に降りるとコミュニティバスがあると聞いていました。てっきり無
うまい ! がすごい。クリーミー生サーバー (4)
うまい ! がすごい。クリーミー生サーバー (Part 1) の続きです。1 度にシール 6 枚分まで登録出来るので、コツコツ続けていると、テストで満点という訳ではありませんが、何だかいい気分♪82
WS-C2960S-48TS-L (1)
Cisco Catalyst は SSH でのログインも可能ですが、enable する方法が独特です。aaa new-modelcrypto key generate rsa今回は以下のバージョンでの
Drive Network Core (WS-C3750E-48TD-E)
Cisco config backup Tool では、Catalyst の標準的な Telnet パスワードでログインする場合を前提に作成しています。Catalyst ではスイッチ本体に登録するユー
Herb
記事を書くに際し、"褒める" と "ほめる" でどちらが検索エンジンにヒットするか調べた時に、褒めるトレーニングだとか、褒める技術の様なタイトルを目にしました。
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint