Home » FreeBSD » FreeBSD カスタムカーネル 再構築と名称変更 (Tag: )

FreeBSD kernel compile でも紹介した通り、常に kernel 再構築によりカスタムカーネルで稼動させています。

私はカスタムカーネルの名称を `hostname -s` にする習慣があり、

# cat /etc/motd | head -1
FreeBSD 9.1-RELEASE (hs0) #0: Wed Oct 30 16:18:09 JST 2013

# sysctl kern.version
kern.version: FreeBSD 9.1-RELEASE #0: Wed Oct 30 16:18:09 JST 2013
    root@hs0.drive.ne.jp:/sys/amd64/compile/hs0

# cat /var/run/dmesg.boot | head -n 6
Copyright (c) 1992-2012 The FreeBSD Project.
Copyright (c) 1979, 1980, 1983, 1986, 1988, 1989, 1991, 1992, 1993, 1994
        The Regents of the University of California. All rights reserved.
FreeBSD is a registered trademark of The FreeBSD Foundation.
FreeBSD 9.1-RELEASE #0: Wed Oct 30 16:18:09 JST 2013
    root@hs0.drive.ne.jp:/sys/amd64/compile/hs0 amd64

上記の例では hs0 ですが、数ヶ所に反映されます。

ホスト名を変更した場合、カスタムカーネルファイルをリネームした後通常通りに

# cd /sys/`uname -p`/conf/
# config `hostname -s`
# cd ../compile/`hostname -s`
# make cleandepend ; make depend ; make ; make install

で再構築すると 30 分程掛かります。機器構成が変わった訳でもなくこの時間と機器への負荷を掛けることに抵抗を感じていましたが、もう少し簡単に変更出来る方法が分かりました。

以下の例では hs0 -> hs1 と名称変更する場合を例とします。

# cd /sys/amd64/compile/
# mv hs0 hs1 ; cd hs1
# sed -i'.s' -e 's/hs0/hs1/g' vers.c
# find ./ -name ".depend" -exec sed -i'.s' -e 's/hs0/hs1/g' {} \;
# make

.depend をすべて書き換えないと、make の時点で必要なファイルがないとエラーが出て失敗します。

# make install
thiskernel=`sysctl -n kern.bootfile` ;  if [ ! "`dirname "$thiskernel"`" -ef /boot/kernel ] ; then  chflags -R noschg /boot/kernel ;  rm -rf /boot/kernel ;  else  if [ -d /boot/kernel.old ] ; then  chflags -R noschg /boot/kernel.old ;  rm -rf /boot/kernel.old ;  fi ;  mv /boot/kernel /boot/kernel.old ;  sysctl kern.bootfile=/boot/kernel.old/"`basename "$thiskernel"`" ;  fi
kern.bootfile: /boot/kernel/kernel -> /boot/kernel.old/kernel
mkdir -p /boot/kernel
install -p -m 555 -o root -g wheel kernel /boot/kernel
install -p -m 555 -o root -g wheel kernel.symbols /boot/kernel
cd ../../../modules; MAKEOBJDIRPREFIX=/usr/src/sys/amd64/compile/hs1/modules KMODDIR=/boot/kernel MACHINE_CPUARCH=amd64 DEBUG_FLAGS="-g" MACHINE=amd64 KERNBUILDDIR="/usr/src/sys/amd64/compile/hs1" SYSDIR="/usr/src/sys/amd64/compile/hs1/../../.." make  install

上記の様に続いて正常に終了する場合は、5 分程度で終了します。デバイス毎にコンパイルされる訳ではないので、負荷もほぼなく終了することを確認しました。

Random Select

FreeBSD Logo
Migrate 32bit to 64bit (FreeBSD, PostgreSQL) に続いて、単なるデータコピーで移行が完了しないケースに 1 つに GDBM (GNU dbm) があります。現
FreeBSD Logo
My DeskTop のデスクトップでは、3.5″ 2TB x 2 (SATA 3.0) の構成ですが、RAID1 にはせず起動パーティションとバックアップ用ディスクの様にセパレートして使
My Select (2013/05/31)
沖縄出張 (No. 21 ? てぃーだ社員食堂 Part 1) の続きです。05/20 から 2 週間の沖縄出張で、ランチ時に社食をいただいたのは 4 回でした。Part 1 に引き続いて残り 3 回
hamburger with fries
サービス向上を勘違いしているマクドナルド (Part 2) の続きです。クォーターパウンダー BLT2013/06 末から、マクドナルドの店頭でクォーターパウンダーの期間限定品が始まった POP を見
玉ねぎ + あらびきガーリック
ハッシュ・ド・ビーフの作り方 (No. 2) の続きです。玉ねぎ次は玉ねぎをざく切りして、あらびきガーリックとともに茶色くなるまで炒める。炒め終われば寸胴に移す。です。玉ねぎは、近所のスーパーで適当に
カツカレー
"3500 円のカレー" で賑やかな世間を尻目に、庶民のカレーを食べに行きました。有名な キッチン南海 の神保町店です。小川町のオフィスそばにもありますが、本当かどうかは別にして店
朝日レストラン (18)
沖縄出張 (No. 34 – 朝日レストラン Part 1) の続きです。B (小) 150g 1 人分はすでに終わり、サービスメニュー 3 人分 900g のお肉がこれから焼かれます。ま
根夢
10, 11 月は猛烈に忙しかったので、落ち着いた気持ちで整理して記事にしたいと思っていましたが、気が付けば年末です。10 月は連休を使って久しぶりに出張以外で沖縄を訪れました。前半は 沖縄出張 (N
マックチャオ
マクドナルド 懐かしのメニュー (フレッシュマック) の続きです。価格は単品で 700 円 ?発売時期は 1991 年 12 月頃 ?チャーハンは共通でマックチャオ / エビチャオとおかずが選べるスク
VAIO Fit 13A (背面)
Windows 8 -> 8.1 でスタートボタンが復活しても大いに肩透かしを受けた感じが一般的の様ですが、私は右クリックをした場合は重宝していますが Classic Shell を入れる程不
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint