Home » FreeBSD » FreeBSD カスタムカーネル 再構築と名称変更 (Tag: )

FreeBSD kernel compile でも紹介した通り、常に kernel 再構築によりカスタムカーネルで稼動させています。

私はカスタムカーネルの名称を `hostname -s` にする習慣があり、

# cat /etc/motd | head -1
FreeBSD 9.1-RELEASE (hs0) #0: Wed Oct 30 16:18:09 JST 2013

# sysctl kern.version
kern.version: FreeBSD 9.1-RELEASE #0: Wed Oct 30 16:18:09 JST 2013
    root@hs0.drive.ne.jp:/sys/amd64/compile/hs0

# cat /var/run/dmesg.boot | head -n 6
Copyright (c) 1992-2012 The FreeBSD Project.
Copyright (c) 1979, 1980, 1983, 1986, 1988, 1989, 1991, 1992, 1993, 1994
        The Regents of the University of California. All rights reserved.
FreeBSD is a registered trademark of The FreeBSD Foundation.
FreeBSD 9.1-RELEASE #0: Wed Oct 30 16:18:09 JST 2013
    root@hs0.drive.ne.jp:/sys/amd64/compile/hs0 amd64

上記の例では hs0 ですが、数ヶ所に反映されます。

ホスト名を変更した場合、カスタムカーネルファイルをリネームした後通常通りに

# cd /sys/`uname -p`/conf/
# config `hostname -s`
# cd ../compile/`hostname -s`
# make cleandepend ; make depend ; make ; make install

で再構築すると 30 分程掛かります。機器構成が変わった訳でもなくこの時間と機器への負荷を掛けることに抵抗を感じていましたが、もう少し簡単に変更出来る方法が分かりました。

以下の例では hs0 -> hs1 と名称変更する場合を例とします。

# cd /sys/amd64/compile/
# mv hs0 hs1 ; cd hs1
# sed -i'.s' -e 's/hs0/hs1/g' vers.c
# find ./ -name ".depend" -exec sed -i'.s' -e 's/hs0/hs1/g' {} \;
# make

.depend をすべて書き換えないと、make の時点で必要なファイルがないとエラーが出て失敗します。

# make install
thiskernel=`sysctl -n kern.bootfile` ;  if [ ! "`dirname "$thiskernel"`" -ef /boot/kernel ] ; then  chflags -R noschg /boot/kernel ;  rm -rf /boot/kernel ;  else  if [ -d /boot/kernel.old ] ; then  chflags -R noschg /boot/kernel.old ;  rm -rf /boot/kernel.old ;  fi ;  mv /boot/kernel /boot/kernel.old ;  sysctl kern.bootfile=/boot/kernel.old/"`basename "$thiskernel"`" ;  fi
kern.bootfile: /boot/kernel/kernel -> /boot/kernel.old/kernel
mkdir -p /boot/kernel
install -p -m 555 -o root -g wheel kernel /boot/kernel
install -p -m 555 -o root -g wheel kernel.symbols /boot/kernel
cd ../../../modules; MAKEOBJDIRPREFIX=/usr/src/sys/amd64/compile/hs1/modules KMODDIR=/boot/kernel MACHINE_CPUARCH=amd64 DEBUG_FLAGS="-g" MACHINE=amd64 KERNBUILDDIR="/usr/src/sys/amd64/compile/hs1" SYSDIR="/usr/src/sys/amd64/compile/hs1/../../.." make  install

上記の様に続いて正常に終了する場合は、5 分程度で終了します。デバイス毎にコンパイルされる訳ではないので、負荷もほぼなく終了することを確認しました。

Random Select

Drive Network Core (WS-C3750E-48TD-E)
Drive Network ではデータセンターのラックを数本契約していて、その 1 ラックにインターネット接続サービスを契約しています。物理回線は 1Gbps を 2 本引き込んでいます。最上段の 4
FreeBSD Logo
今回の適用内容は FreeBSD のバージョンよりインストールされている Perl のバージョンに依存するため、他の FreeBSD のバージョンや OS (CentOS, Mac OS 等) でも有
FreeBSD Logo
現在 専有レンタルサーバ ビジネスプレミアム で主に使用している radserv XG1+ の BIOS, RAID BIOS のバージョンアップの検証中に dd コマンドによる書き込み結果も測定しま
BLT サンドセット
沖縄本島 (No. 40 – 目利きの銀次 新都心店) の続きです。5 泊 6 日の最終日、ついに東京に帰る日となりました。旅の〆、最後の悪あがきに今回も那覇空港内の A&W OK
ユーグレナモール
石垣島は、西表島や 与那国島 への経由で旧石垣空港や離島ターミナルを利用したのみで、島内を観光したことはありませんでした。それが今回、ゴールデンウィーク中に石垣島を訪れることになりました。ゴールデンウ
WS-C2960S-48TS-L (1)
Cisco Catalyst 2960S IOS Update (Part 4) で設定を初期化した後、Cisco config backup Tool で収集したバックアップを元に新しい設定を投入し
FreeBSD Logo
Drive Network で収容サーバ (お客様の機器) の機器を変更する様な場合、大量のデータ移行が必要ですが、rsync による差分同期でデータ移行に必要な時間を圧縮することが出来ます。しかしな
一番搾り フローズン (3)
今年の夏から開始して話題となっている 一番搾り フローズン <生> を是非専門店 一番搾り FROZEN GARDEN でまず試してみたいと 8/14 に行ってみました。最寄りの一番搾り
若鶏もも肉のロティ・フレッシュトマトのソース
沖縄出張 (No. 22 ? ビストロ Veggie 〜野菜の王子さま〜) ではまだ話足りない気がしたので、再び別のお店にチャレンジしつつ繰り出しました。見繕ってくれたお店のうち、La Vita (ラ
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint