Home » FreeBSD » FreeBSD tuning (Tag: )

FreeBSD tuning

2012/07/31 00:50

FreeBSD kernel compile に続いて /etc/sysctl.conf のチューニングサンプルです。

ここでは、radserv 向けにチューニングし、動作実績のある設定ファイルを紹介します。(radserv X, radserv XG1+ 兼用 / i386 / 7.1-RELEASE)

# /etc/sysctl.conf
security.bsd.see_other_uids=0
security.bsd.see_other_gids=0
net.inet.ip.portrange.hifirst=50000
net.inet.ip.portrange.hilast=51000
net.inet.ip.portrange.first=1024
net.inet.ip.portrange.last=49151
net.inet.ip.fw.dyn_max=8192
net.link.ether.inet.log_arp_wrong_iface=0
net.link.log_link_state_change=0
#
net.inet.tcp.msl=1000
net.inet.icmp.icmplim=4000
net.inet.tcp.finwait2_timeout=10000
net.inet.tcp.fast_finwait2_recycle=1
net.inet.tcp.delayed_ack=0
net.inet.tcp.nolocaltimewait=1
kern.ipc.somaxconn=32768
kern.ipc.maxsockets=300000
kern.ipc.maxsockbuf=20480000

net.inet.tcp.msl 以降は /boot/loader.conf で accf_* を追加して効果を発揮します。

# /boot/loader.conf
kern.maxusers=512
kern.ipc.nmbclusters=65536
kern.maxdsiz="1073741824"
kern.maxssiz="134217728"
kern.dfldsiz="1073741824"
vm.pmap.shpgperproc=1024
#
accf_http_load="YES"
accf_data_load="YES"

Random Select

辺戸岬 (伊是名島・伊平屋島)
沖縄出張 (No. 32 – ワルミ大橋 〜 古宇利島) を後にして、次はどこに行くか少々迷いました。以前訪れた北部の滝が ター滝 なのか、フンガー滝 だったか記憶が怪しいことが分かり、ど
FreeBSD Logo
Drive Network では現在 radserv をメインに使用しています。RAID カードに Adaptec RAID 2405 または 5405 が搭載されていますが、Adaptec から F
猫喫茶 毛玉
沖縄にも増え続ける猫カフェで、飼い猫も同伴出来る 毛玉 に着きました。来店は 2 回目です。コーヒーゼリーがお勧めと K 君から聞きましたが、本日は売り切れとのこと。プリンにしてみましたが、これ、美味
ニライカナイ橋 (5)
沖縄本島 (No. 36 – カフェくるくま) の続きです。久しぶりの カフェくるくま でお腹パンポコリンになった後、久しぶりにニライカナイ橋を通ることにしました。実は国道 331 号を南
Healthy Smoothies
休日 (03/31) の朝、腸まで届くビフィズス菌について調べていたところ、常識を覆す記事を見掛けました。ビフィズス菌は大腸癌ができやすい腸で殖える (キャッシュ のみ参照可能の場合あり)乳製品は人類
野菜らーめん
クラウド コンピューティング EXPO では、豊洲からゆりかもめで国際展示場まで移動しました。以前豊洲のデータセンターを利用していて豊洲駅周辺ではよくランチもしたので、帰りに豊洲で遅めのランチとしつつ
WS-C2960S-48TS-L (1)
Cisco Catalyst 2960S (ip device tracking Part 1) の続きです。現在ネットワーク内で使用している L2 スイッチは、すべて WS-C2960S-48TS-
My Select (2013/05/31)
沖縄出張 (No. 21 ? てぃーだ社員食堂 Part 1) の続きです。05/20 から 2 週間の沖縄出張で、ランチ時に社食をいただいたのは 4 回でした。Part 1 に引き続いて残り 3 回
海底遺跡 (3)
与那国島 (No. 10 – 居処屋どぅーらい) の続きです。翌朝は与那国観光の目的の 1 つである海底遺跡を訪れました。グラスボートやスノーケリング・ダイビングと方法がありますが、今回は
41B0205 - 41B0208
Drive Network Rack Gallery 2012 (Part 1) です。ラック背面の俯瞰です。ラックの開錠・施錠は物理キーではなく、データセンターへの入館・入室に用いる ID カードを
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint