Home » Drive Network » Drive Network Rack Gallery 2012 (Part 4) (Tag: )

Drive Network Rack Gallery 2012 (Part 3) から約 6 ヶ月程経過しましたが、12 月は大きな変更がありました。

41B0208 (1)

41B0208 (1)

共有サーバ ビジネスセレクトでは、お客様のデータ領域を自由に拡張出来る様、ストレージ機器をマウントしていました。Part 2 でも詳しく説明しています。

フロントサーバが増えれば、ある程度負荷が高くなることは当初より予想はしていました。

ストレージ機器の保守期限も考えると、フロントサーバ + ストレージ機器の構成に、データ領域を自由に拡張出来る以外のメリットを見い出せなくなりました。

そこで、今回は "1 台完結型" に戻しました。お客様の契約ディスク容量と実使用率が見えてきたので、データ領域が拡張出来なくても問題ないと判断出来たのです。

 

41B0208 (2)

41B0208 (2)

(1) は新旧入り混じってデータ移行 + 収容変更中の 1 ショットですが、片付いた後はここまですっきりしました。

フロントサーバ 12U + FC スイッチ 3U + ストレージ機器 7U の合計 22U が、わずか 6U に圧縮出来ました。

また、ディスクの書き込み速度が 3 – 7 倍程向上し、使用電力量は 1/3 程度まで落ちました。

今後は、価格を含めたサービス内容で、よりお客様に還元出来ると考えています。

 

 

41B0208 (3)

41B0208 (3)

41B0208 (4)

41B0208 (4)

Part2, Part3 ではラック下段に設置した FC スイッチ・ストレージ機器も撤去しました。

左はラック正面、右はラック背面で一瞬見分けが付きにくいですが、ラック下段には現在 1/4U を 22 台設置しています。

Drive Network では現在提供していませんが、別サービスでのフロントサーバに相当する負荷分散向けの機器群です。

1/4U の電源ケーブル, LAN ケーブルの取り回しはまだ慣れておらず、一時的なケーブリングの感がまだ強いですが、今後台数が増えた場合や L2 スイッチとの配置も総括する予定です。

Random Select

Drive Network Core (WS-C3750E-48TD-E)
Cisco config backup Tool では、Catalyst の標準的な Telnet パスワードでログインする場合を前提に作成しています。Catalyst ではスイッチ本体に登録するユー
Firefox Logo
年末年始は FreeBSD, Windows ともにデスクトップ環境をアップデート・整理する時間に当てました。個人的にブックマークは FreeBSD デスクトップ, Windows (VirtualB
鶏あぶりそば (中) + ジューシー
沖縄本島 (No. 21 – BACAR OKINAWA Part 2) の続きです。今回の旅行ではどこの沖縄そばを試そうかと考えた時、炙りソーキそばで有名な いしぐふー が気になり始め、
サーモン西京焼 (1)
いさば (サバ) から時間を空けずに訪れました。今日こそは、気にはなりつつも試していなかったサーモン西京焼 + 納豆 + のりで豪華ランチ (?) と決め込んで訪れました。地下の入口に下る途中に、おそ
Drive Network Core (WS-C3750E-48TD-E)
202.152.208.0/20 で割り当てられている PI アドレスの経路広報を、/23 または /24 毎に異なるデータセンターに切替えていく作業を継続していました。/23 または /24 毎に
琥珀ヱビス + 超クリーミー泡サーバー
普段は ザ・プレミアム・モルツ を好んで飲みつつ、たまに YEBISU ヱビスビール を飲むことがありますが、秋はさらに楽しみが増えて 琥珀ヱビス が発売されます。最初の新発売が 4, 5 年前と思っ
FreeBSD 9.1-RELEASE 1280x960
自宅や出張時に使用しているノート PC (hp dv5 has broken again) はホスト OS を Windows 7, ゲスト OS に FreeBSD をインストールしています。今回改
FRB-80
My Guitar で触れた様に、バンドでの演奏経験はほとんどありませんが、以前からベースも時々触っています。2007/10 頃に当時使用していたギター TEJ-75 を入手した後、ベースも探しました
WordPress Logo
Web ページを見ていてページの下にたどり着いた時、そのページの上部に移動するナビゲーションをよく見ます。<a href="#top">このページのトップへ</a
TEJ-75
My Guitar を投稿した 2012/04 以降すでに 2 年も経過しましたが、その後スタジオ入りはせず、自宅で unplugged で時間を見つけて弾いています。2007/10 に再びかつての機
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint