Home » Program » Cisco Catalyst 3750X HSRP Active/Active (Tag: )

202.152.208.0/20 で割り当てられている PI アドレスの経路広報を、/23 または /24 毎に異なるデータセンターに切替えていく作業を継続していました。

/23 または /24 毎に Interface VlanXXX を、冗長構成の境界ルータ (WS-C3750X-24T-E) にそれぞれ設定し HSRP で構成しています。

Switch Ports Model              SW Version            SW Image
------ ----- -----              ----------            ----------
*    1 30    WS-C3750X-24       15.0(2)SE             C3750E-UNIVERSALK9-M

以下は 202.152.212.0/24 の例です。

#// bb00
interface Vlan212
 description 202.152.212.0/24
 ip address 202.152.212.2 255.255.255.0
 no ip redirects
 no ip proxy-arp
 standby 212 ip 202.152.212.1
 standby 212 priority 110
 standby 212 preempt delay minimum 120
 standby 212 track 1 decrement 10

#// bb01
interface Vlan212
 description 202.152.212.0/24
 ip address 202.152.212.3 255.255.255.0
 no ip redirects
 no ip proxy-arp
 standby 212 ip 202.152.212.1
 standby 212 priority 109
 standby 212 preempt delay minimum 120
 standby 212 track 1 decrement 10

この状態で、ping の疎通が確認出来ないケースが生じました。L3 スイッチ同士の対向と、外部からの Standby 側の IP アドレスに疎通が確認出来ないのです。

  • NG: bb00 -> 202.152.212.3
  • NG: bb01 -> 202.152.212.2
  • NG: IIJ, ASAHI -> 202.152.212.3

ところが他のセグメントでは同様のケースの疎通で問題ない場合もあり、当初切り分けに悩みました。

まず、それぞれの L3 スイッチで sh standby すると、NG のセグメントでは Active/Active であることに気が付きました。

bb00#sh standby vlan 212
Vlan212 - Group 212
  State is Active
    8 state changes, last state change 00:14:00
  Virtual IP address is 202.152.212.1
  Active virtual MAC address is 0000.0c07.acd4
    Local virtual MAC address is 0000.0c07.acd4 (v1 default)
  Hello time 3 sec, hold time 10 sec
    Next hello sent in 1.376 secs
  Preemption enabled, delay min 120 secs
  Active router is local
  Standby router is unknown
  Priority 110 (configured 110)
    Track object 1 state Up decrement 10
  Group name is "hsrp-Vl212-212" (default)

bb01#sh standby vlan 212
Vlan212 - Group 212
  State is Active
    8 state changes, last state change 00:15:33
  Virtual IP address is 202.152.212.1
  Active virtual MAC address is 0000.0c07.acd4
    Local virtual MAC address is 0000.0c07.acd4 (v1 default)
  Hello time 3 sec, hold time 10 sec
    Next hello sent in 1.200 secs
  Preemption enabled, delay min 120 secs
  Active router is local
  Standby router is unknown
  Priority 109 (configured 109)
    Track object 1 state Up decrement 10
  Group name is "hsrp-Vl212-212" (default)

Active/Active となる場合の切り分け方法は、物理層のエラーや設定ミス等の情報ばかりで現時点で当てはまる内容は探し出せませんでした。

双方の Interface を shut, no shut してもどちらも Active となり譲りません。

ところでふと、問題ないセグメントは L3 スイッチで設定した spanning-tree vlan priority の vlan id が、必ず配下の L2 port に 1 つ以上割り当てられていることに気が付きました。

interface GigabitEthernet1/0/1
 switchport access vlan 213
 switchport mode access
 spanning-tree portfast

NG だった 202.152.212.0/24 は、trunk により vlan id は流しているものの L2 スイッチのどの port にも割り当てていません。その可能性を確かめるべく、

sw(config)#int gi1/0/43
sw(config-if)#switchport access vlan 212
% Access VLAN does not exist. Creating vlan 212

試しに空いた port に switchport access vlan 212 と追加したところ、

bb00#sh standby vlan 212
Vlan212 - Group 212
  State is Active
    14 state changes, last state change 1d08h
  Virtual IP address is 202.152.212.1
  Active virtual MAC address is 0000.0c07.acd4
    Local virtual MAC address is 0000.0c07.acd4 (v1 default)
  Hello time 3 sec, hold time 10 sec
    Next hello sent in 0.080 secs
  Preemption enabled, delay min 120 secs
  Active router is local
  Standby router is 202.152.212.3, priority 109 (expires in 10.256 sec)
  Priority 110 (configured 110)
    Track object 1 state Up decrement 10
  Group name is "hsrp-Vl212-212" (default)

bb01#sh standby vlan 212
Vlan212 - Group 212
  State is Standby
    16 state changes, last state change 00:01:25
  Virtual IP address is 202.152.212.1
  Active virtual MAC address is 0000.0c07.acd4
    Local virtual MAC address is 0000.0c07.acd4 (v1 default)
  Hello time 3 sec, hold time 10 sec
    Next hello sent in 1.104 secs
  Preemption enabled, delay min 120 secs
  Active router is 202.152.212.2, priority 110 (expires in 10.000 sec)
  Standby router is local
  Priority 109 (configured 109)
    Track object 1 state Up decrement 10
  Group name is "hsrp-Vl212-212" (default)

40 – 50 秒程で sh standby の結果も想定通り Active, Standby と切替わり、問題となっていた ping の疎通がすべて解消されました。

なお、別の機会に conf t -> vlan 212 のみでは Active/Active の状態は変わらないことも確認しています。

削除する場合は switchport access vlan を別の vlan id に変更、上記の例では 212 が port 割り当てとして 1 つも存在しなくなるだけでは Active, Standby のまま稼動しますが、no vlan 212 とした後 expires の秒数が 0 となった時点で元の Active/Active に変わります。

特定の環境のみでしか再現しない現象か、ポピュラーな現象かはまだ総括出来ていませんが現時点での解決法の 1 つとして掲載しておきます。

Random Select

湧出 (1)
伊江島 (No. 3 – 伊江島タッチュー Part 2) の続きです。城山 (ぐすくやま) から降りて登山口の売店を少し眺めた後は、移動を開始しました。湧出 (わじー)湧出は伊江島の北側
Drive Network Philosophy
EC-CUBE 2.11 で使用する暗号化された文字列を作成するため、ソースファイルを参考にスクリプト化しました。ソースファイルを展開したディレクトリを /home/tools/appli/eccub
クラッシュスィーツ (2)
沖縄本島 (No. 45 – 町の灯こつぶ) の続きです。到着日に同行した友達が、以前から気になっていた 沖縄本島 (No. 30 – ハンバーグとパンケーキのお店 うるり)
枝豆, 黄金チキン, フレンチフライ
セブンイレブン (おつまみセット) を投稿した 1 年半前は、セブンイレブンの枝豆が他のコンビニと比べてダントツと感じていましたが、ある時から食感が変わりました。やや固くて塩もあまり馴染んでいない感じ
2014/10/10 払い戻し (2)
09/19 – 09/24 はプライベートでは長期滞在に入る沖縄旅行でした。その回とは別に、去年 10 月に伊江島を訪れて 沖縄本島 (No. 6 – 打ち上げ) したメンバー
東京タワー (10)
景色 (東京タワー Part 1) の続きです。エレベータは大展望台 2F に直行しますが、1F もありますので移動しました。階段で降りましたが、降りてすぐに目に入ったピンキーな光景に少々驚きました。
Drive Network Core (WS-C3750E-48TD-E)
現在 Drive Network では L2, L3 スイッチが 20 台以上が稼働しています。過去 10 年程 Cisco Catalyst シリーズを使用して来て物理障害は一度もありませんが、設定
特製二代目つけ麺
めん徳二代目つじ田 (二代目つけ麺) で心残りにしていた 特製二代目つけ麺 に久しぶりにご対 "麺" 出来ました。普段は 14:00 頃等ランチタイムを外しますが、今回は開店 11
季節の京のお昼ごはん
そろそろ次回の沖縄出張が近づいてきました。以前訪れて掲載していないお店のうち、沖縄支店から徒歩でも行ける距離に mati-cafe (マティカフェ) という、一見カフェに見えるけどランチも良い感じのお
Firefox Logo
linux-firefox 12 では、ja-acroread9-9.4.2_1 の動作に問題はないと書きました。事前に Adobe Reader 9,カーネルモジュール使い FreeBSD で動作
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint