Home » Personal » 富山出張 (No. 5 – 立山連峰) (Tag: )

富山出張 (No. 4 ? スターバックス コーヒー 富山環水公園店) の続きです。

出張 2 日目は移動日として東京に帰りました。初日に富山空港の外に出た瞬間に気が付きましたが、正面一帯に立山連峰が見えるのです。見慣れない私には壮観です。

宿泊したホテルが富山駅前でロータリーもあったので、バスで帰れるかと思いましたがタッチの差で行かれてしまいました。

バスだと必ずしも目的地までの最短距離ではない場合があるので、地元の景色が少し楽しめるかと期待したのですが、次の空港行きが 2 時間後でしたのでやむなくタクシーで移動しました。

立山連峰 (1)

立山連峰 (1)

空港に近付くにつれ、立山連峰の大きさが目立ってきます。立山連峰に近付いているからという訳ではなく、背の高い建物が少なくなるので見晴らしが良くなるからです。

立山連峰 (2)

立山連峰 (2)

これは空港内に掲載されている富山市内を一望する 3m 四方はある様な大きなパネルを、いかにも自分が撮った様に近づいて撮影。(笑)

羽田や成田の様に展望デッキがあればもっと眺めが良さそうと期待して探すと、4F に展望デッキがありました。通行に 100 円 (子どもは 50 円) 必要です。

立山連峰 (3)

立山連峰 (3)

立山連峰 (4)

立山連峰 (4)

立山連峰 (5)

立山連峰 (5)

展望デッキの片側は滑走路側で、その反対側を左から右に撮りました。望遠鏡や立山連峰の山々を説明する展示物がありましたが、他の人もいて群がっていたので景色と空気を味わいました。

中学 3 年の際の修学旅行は長野方面とだけ決まっていて、5, 6 人を 1 チームとしてチーム毎に好きな目的地やルートを決めて訪れる場面がありました。

私は 立山黒部アルペンルート を選び、そこで初めて富山に降り立ちました。とても良かったのでいつか再びと想いつつ、15 年近く経って再びプライベートで訪れました。

長野も街並みと山々が溶け込んでいた記憶がありますが、それを思い出させる景色だったので、懐かしさも相まって再び行きたくなりました。

以前立山黒部アルペンルートを訪れた際は、2 回とも長野スタートで立山駅で折り返して長野に戻りました。

今度は長野スタートで富山駅まで抜けて富山県内を散策後、東京に戻るルートにしてみようと画策し始めています。

Random Select

川平湾 (23)
石垣島 (No. 8 ? 川平湾 Part 2) の続きです。日陰で波とたわむれてまったりした後は、スタート地点から左側 (方位は北) を目指してゆっくり散歩を始めました。着いた直後に川平公園入口で
hp dv5
現在自宅や出張時に使用しているノート PC は hp dv5 has broken again でも紹介した hp dv5 ですが、ついに 5 度目の故障が発生しました。完全にブラックアウトタイミング
ニューヨークステーキ L (1)
沖縄本島 (No. 46 – うるり クラッシュスィーツ) を朝食にした沖縄入り 2 日目のランチは、那覇に宿泊している上にニクの日だけに ジャッキー ステーキハウス と決めていました。1
bistro rose ♪
今日は "ハッシュ・ド・ビーフ" の作り方をご紹介。寸胴にデミグラスソース・ケチャップ・水を開けておく。量は 1:1:1.5 程度。水は多めにして、煮込んだ後 1:1:1 になれば
リブアイステーキ (200g)
前回 2014/09 の沖縄入りから 8 ヶ月ぶりに再び訪れることが出来ました。前回同様プライベートで予定満載です。初日 05/28 は 11:30 到着のため、初体験の 沖縄鉄板焼きステーキハウス
ミックスカレー
前回の記事 欧風カレー ボンディ (野菜カレー) から半年程経過していますが、この間も数回は訪れています。今回は初メニューのミックスカレーに挑戦しました。東京オフィスの後輩が満 3 年を迎えたので、さ
旅館前から祖納港方面
与那国島 (No. 2 – 到着) の続きです。与那国には 2012 年現在ホテルはなく、すべて民宿的な旅館です。素泊まりが多い中で今回は食事にも力を入れている 旅の館 阿檀 にしました。
iPhone 6 Plus (Gold)
iPhone 6 Plus (開封) の続きです。スマートフォン利用の最大の目的は、PC を持たずに障害対応の初動調査をする点です。そのため、iPhone 6 Plus (機種変更) で渡された iP
FreeBSD Logo
FreeBSD kernel compile でも紹介した通り、常に kernel 再構築によりカスタムカーネルで稼動させています。私はカスタムカーネルの名称を `hostname -s` にする習慣
ハッシュ・ド・ビーフ (2)
ハッシュ・ド・ビーフの作り方 (No. 1) 以降 4 回に分けて紹介した作り方で、今でも最低年に 1 回はたっぷり作って堪能しています。ゴールデンウィークに久しぶりに作ろうと、牛肩ロースブロック(豪
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint