Home » FreeBSD » FreeBSD ACPI Thermal Check Tool (Tag: , )

最近 Drive Network では 共有サーバ ビジネスセレクト に使用する機器を変更しました。(Drive Network Rack Gallery 2012 (Part 4))

ハードディスクに SAS 2.5″ 300GB を 4 本積み、かつ高い利用率のためなのか、ディスクの速度は低下していませんが筺体内の熱がやや高めな状況が続いています。

現在利用している機器は _TC1, _TC2, _TSP が -1 で、hw.acpi.thermal.tz0.passive_cooling を 0 -> 1 に変更しても Operation not supported by device と無視されます。原因の調査や調整には少々時間がかかると判断しました。

一定の温度 (_CRT) を超えると OS 自体が自律停止します。その兆候を事前に検知するためのツールです。

高温を呼び起こすケースは、お客様のデータ領域におけるプログラムの暴走や過度な brute force attack が大半のため、安定運用のための検知としても役立ちます。

#!/usr/bin/perl -w
#
# atcheck.pl (ACPI Thermal Check Tool)
#

#// -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
#// use Module
#// -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

use strict;

#// -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
#// Controller
#// -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

    #// ----------------------------------------------------------
    #// Option Parse
    #// ----------------------------------------------------------

    my @basename = split(/\//, $0);
    my $basename = pop(@basename);

    #// ----------------------------------------------------------
    #// Item Set
    #// ----------------------------------------------------------

    my $item = {
        mkdir    => '/bin/mkdir',
        cat      => '/bin/cat',
        chmod    => '/bin/chmod',
        ps       => '/bin/ps',
        hostname => '/bin/hostname',
        mail     => '/usr/bin/mail',
        awk      => '/usr/bin/awk',
        grep     => '/usr/bin/grep',
        chown    => '/usr/sbin/chown',

        touch    => '/usr/bin/touch',
        sysctl   => '/sbin/sysctl',

        dir      => '/home/tools/atcheck/',
        check0   => 'hw.acpi.thermal.tz0.temperature',
        check1   => 'hw.acpi.thermal.tz0._CRT',
        maddr    => 'trouble@example.jp',
        limit_tz => 75.0,

        base     => $basename,
        file     => '/tmp/.' . $basename
    };

    if ( !-d $item->{dir} ) {
        `$item->{mkdir} $item->{dir}`;
        `$item->{chmod} 750 $item->{dir}`;
    }

    #// ----------------------------------------------------------
    #// Start
    #// ----------------------------------------------------------

    #// List

    $item = mklog($item);
    if ( !-e $item->{log} ) { `$item->{touch} $item->{log}`; }

    my ($temp, $upper) = check_at($item);

    if ($temp >= $item->{limit_tz}) {
        my $msg = "temperature $temp" .'C / ' . $upper . 'C (' .
                  sprintf("%.1f", $item->{limit_tz}) . "C)\n";

        report($item, $msg);
    }

#// -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
#// Model
#// -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

sub utime2date {
    my ($sec, $min, $hours, $mday, $mon, $year, $wday, $yday, $isdst) = localtime($_[0]);

    my $years    = $year + 1900;
    my $this_mon = sprintf("%02d",$mon + 1);

    $mday  = sprintf("%02d", "$mday");
    $hours = sprintf("%02d", "$hours");
    $min   = sprintf("%02d", "$min");
    $sec   = sprintf("%02d", "$sec");

    my $date = "$years/$this_mon/$mday $hours:$min:$sec";

    return $date;
}

sub mklog {
    my ($item) = @_;

    my $time  = utime2date(time());
    my $time0 = substr(utime2date(time()), 0, 10);
    my $file  = $time0; $file =~ s/\///g;

    $item->{log}  = $item->{dir} . $file;
    $item->{time} = $time;

    return $item;
}

sub check_at {
    my ($item) = @_;

    my @line = `$item->{sysctl} $item->{check0} $item->{check1}`;

    my $check0 = _check_at($item, 'check0', $line[0]);
    my $check1 = _check_at($item, 'check1', $line[1]);

    my $msg = "$check0\t$check1";

    open  LIST, ">>$item->{log}";
    print LIST $item->{time} . "\t$msg\n";
    close LIST;

    print $msg . "\n";

    return ($check0, $check1);
}

sub _check_at {
    my ($item, $target, $check) = @_;

    chomp $check;

    $check =~ s/$item->{$target}: //;
    $check =~ s/C$//;

    return $check;
}

sub report {
    my ($item, $msg) = @_;

    my $host = `$item->{hostname}`; chomp $host;
    my $time = utime2date(time());

    my $file = $item->{file};
    my $subj = "Info: acpi tz ($host)";

    my $body = <<"BODY";
$time => $msg
BODY

    open  FILE, "+>$file";
    print FILE $body;
    close FILE;

    `$item->{mail} -s "$subj" $item->{maddr} < $file`;

    unlink($file);
}

Random Select

FreeBSD Logo
現在メインで使用している FreeBSD は 32bit 版 (i386) ですが、64bit 版 (amd64) も一部使用しています。データ移行の際、全断が可能であれば MySQL や Postg
朝日レストラン (18)
沖縄出張 (No. 34 – 朝日レストラン Part 1) の続きです。B (小) 150g 1 人分はすでに終わり、サービスメニュー 3 人分 900g のお肉がこれから焼かれます。ま
カツカレー
"3500 円のカレー" で賑やかな世間を尻目に、庶民のカレーを食べに行きました。有名な キッチン南海 の神保町店です。小川町のオフィスそばにもありますが、本当かどうかは別にして店
国産 21 世紀雑穀米
こなゆきコラーゲン でお世話になっている タマチャンショップ が実に色々商品を出していることを知り、シャンプーや洗顔料と一緒に 国産 21 世紀雑穀米 を買ってみました。最近まで玄米や雑穀米にはまるで
与那国産カジキ 300g (1 日目)
ここ最近、休日のビールのお供にお刺身をチョイスすることが多々あります。夏季限定醸造生ビール 夏いちばんアサヒオリオン 沖縄だよりザ・プレミアム・モルツ <香るプレミアム> (Part 2)
2013/01/14 12:13 羽田空港
沖縄出張 (No. 13 ? 欠航 Part 1) の続きです。保安検査場最近 ANA の保安検査場は C, D も拡張されたと記憶しています。A, B より明らかに空いているので、例え搭乗口が 50
カルビ空 (6)
10/29 は "肉の日" と言うことで、久しぶりにオフィス周辺で値段も味も "ニクい" お店を探して訪れてみることにしました。結局過去に何度か行ったことがある
くるくまスペシャル
沖縄本島 (No. 35 – 富士家ぜんざい) の続きです。今回は 09/19 – 09/24 の 5 泊 6 日の旅程で、09/22 からはセカンドステージです。初日は久しぶ
瀬底大橋 (2)
沖縄本島 (No. 3 – 本部港 Part 2) の続きです。出発して 2 分程で、あっと言う間に瀬底大橋が迫って来ました。さらにまた 1 分程経過。渡ったことは 2, 3 度ありますが
新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (18)
新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (Part 2) で、ともあれ 20 点分 (応募台紙 1 枚分) はあたりました。そして発送先の登録完了後、1 ヶ月弱程で郵便物が届きましたが、20 点分が郵送さ
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint