Home » FreeBSD » FreeBSD ACPI Thermal Check Tool (Tag: , )

最近 Drive Network では 共有サーバ ビジネスセレクト に使用する機器を変更しました。(Drive Network Rack Gallery 2012 (Part 4))

ハードディスクに SAS 2.5″ 300GB を 4 本積み、かつ高い利用率のためなのか、ディスクの速度は低下していませんが筺体内の熱がやや高めな状況が続いています。

現在利用している機器は _TC1, _TC2, _TSP が -1 で、hw.acpi.thermal.tz0.passive_cooling を 0 -> 1 に変更しても Operation not supported by device と無視されます。原因の調査や調整には少々時間がかかると判断しました。

一定の温度 (_CRT) を超えると OS 自体が自律停止します。その兆候を事前に検知するためのツールです。

高温を呼び起こすケースは、お客様のデータ領域におけるプログラムの暴走や過度な brute force attack が大半のため、安定運用のための検知としても役立ちます。

#!/usr/bin/perl -w
#
# atcheck.pl (ACPI Thermal Check Tool)
#

#// -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
#// use Module
#// -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

use strict;

#// -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
#// Controller
#// -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

    #// ----------------------------------------------------------
    #// Option Parse
    #// ----------------------------------------------------------

    my @basename = split(/\//, $0);
    my $basename = pop(@basename);

    #// ----------------------------------------------------------
    #// Item Set
    #// ----------------------------------------------------------

    my $item = {
        mkdir    => '/bin/mkdir',
        cat      => '/bin/cat',
        chmod    => '/bin/chmod',
        ps       => '/bin/ps',
        hostname => '/bin/hostname',
        mail     => '/usr/bin/mail',
        awk      => '/usr/bin/awk',
        grep     => '/usr/bin/grep',
        chown    => '/usr/sbin/chown',

        touch    => '/usr/bin/touch',
        sysctl   => '/sbin/sysctl',

        dir      => '/home/tools/atcheck/',
        check0   => 'hw.acpi.thermal.tz0.temperature',
        check1   => 'hw.acpi.thermal.tz0._CRT',
        maddr    => 'trouble@example.jp',
        limit_tz => 75.0,

        base     => $basename,
        file     => '/tmp/.' . $basename
    };

    if ( !-d $item->{dir} ) {
        `$item->{mkdir} $item->{dir}`;
        `$item->{chmod} 750 $item->{dir}`;
    }

    #// ----------------------------------------------------------
    #// Start
    #// ----------------------------------------------------------

    #// List

    $item = mklog($item);
    if ( !-e $item->{log} ) { `$item->{touch} $item->{log}`; }

    my ($temp, $upper) = check_at($item);

    if ($temp >= $item->{limit_tz}) {
        my $msg = "temperature $temp" .'C / ' . $upper . 'C (' .
                  sprintf("%.1f", $item->{limit_tz}) . "C)\n";

        report($item, $msg);
    }

#// -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
#// Model
#// -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

sub utime2date {
    my ($sec, $min, $hours, $mday, $mon, $year, $wday, $yday, $isdst) = localtime($_[0]);

    my $years    = $year + 1900;
    my $this_mon = sprintf("%02d",$mon + 1);

    $mday  = sprintf("%02d", "$mday");
    $hours = sprintf("%02d", "$hours");
    $min   = sprintf("%02d", "$min");
    $sec   = sprintf("%02d", "$sec");

    my $date = "$years/$this_mon/$mday $hours:$min:$sec";

    return $date;
}

sub mklog {
    my ($item) = @_;

    my $time  = utime2date(time());
    my $time0 = substr(utime2date(time()), 0, 10);
    my $file  = $time0; $file =~ s/\///g;

    $item->{log}  = $item->{dir} . $file;
    $item->{time} = $time;

    return $item;
}

sub check_at {
    my ($item) = @_;

    my @line = `$item->{sysctl} $item->{check0} $item->{check1}`;

    my $check0 = _check_at($item, 'check0', $line[0]);
    my $check1 = _check_at($item, 'check1', $line[1]);

    my $msg = "$check0\t$check1";

    open  LIST, ">>$item->{log}";
    print LIST $item->{time} . "\t$msg\n";
    close LIST;

    print $msg . "\n";

    return ($check0, $check1);
}

sub _check_at {
    my ($item, $target, $check) = @_;

    chomp $check;

    $check =~ s/$item->{$target}: //;
    $check =~ s/C$//;

    return $check;
}

sub report {
    my ($item, $msg) = @_;

    my $host = `$item->{hostname}`; chomp $host;
    my $time = utime2date(time());

    my $file = $item->{file};
    my $subj = "Info: acpi tz ($host)";

    my $body = <<"BODY";
$time => $msg
BODY

    open  FILE, "+>$file";
    print FILE $body;
    close FILE;

    `$item->{mail} -s "$subj" $item->{maddr} < $file`;

    unlink($file);
}

Random Select

YASAI シャンプー & ヘアパック (3)
こなゆきコラーゲン でお世話になっている タマチャンショップ で、以前 タマチャンショップ (YASAI シャンプー & ヘアパック 3 日間体験セット) を試しました。YASAI シャンプー
和風おろしハンバーグと海老フライ定食
築地食堂 源ちゃん (魚河岸フライ定食) からあっという間に 1 年弱過ぎてしまいました。ここ最近はカリーライス専門店 エチオピア 本店 (No. 13 – 辛さ 70 倍メドレー 1)哲
FreeBSD Logo
Migrate 32bit to 64bit (FreeBSD, PostgreSQL) に続いて、単なるデータコピーで移行が完了しないケースに 1 つに GDBM (GNU dbm) があります。現
FreeBSD Logo
Release Informationhttp://www.freebsd.org/releases/Security Information (Supported FreeBSD Releases
Dr. コトー診療所 (屋上 正面)
与那国島 (No. 8 – Dr. コトー診療所 Part 2) の続きです。病室の入口から玄関を眺めます。事務室にちょっと寄り道するとこの絵は何だろう。吉岡秀隆さんのサイン ? (笑)屋
印度チキンカレー (大盛り)
カリーライス専門店 エチオピア 本店 (No. 7 – 辛さ 65 – 70 倍) でついに辛さ 70 倍を極めた後、しばらくは堅気な辛さ ? で気を抜いてカレーを食べたいと思
カツ丼 (1)
いよいよ出張最終日、久しぶりに 波布食堂 を訪れました。沖縄支店が西洲の時はここも度々訪れました。支店のスタッフは行くとなれば渋るか、覚悟を決めるかしないといけない場所の様です。何せ巨盛が普通盛りの見
FreeBSD Logo
ImageMagick (convert) で -geometry オプションを用いて画像サイズを縮小する方法を紹介しました。convert を使用しつつ、複数枚の画像ファイルを一括変換出来る様にシェ
つけ麺 (中) + 三田流餃子
三田製麺所 (辛つけ麺) から少し時間が空きましたが、訪れる時間が取れたので気になっていた餃子に挑戦してみることにしました。普通の餃子も良いですが、お好み焼き風な餃子がとても気になっていました。普通の
瀬底大橋 (5)
沖縄本島 (No. 23 – Cafe やぶさち) の続きです。ゴールデンウィーク後半は、沖縄本島 (No. 8 – 渡久地港) で NG だった水納島に今度こそ行こうと計画し
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint