Home » Personal » ハッシュ・ド・ビーフの作り方 (No. 2) (Tag: )

ハッシュ・ド・ビーフの作り方 (No. 1) の続きです。

牛肩ロース

次は

  • 牛肩ロースを親指や人差し指大に細長く切って、塩・ブラックペパー・赤ワインで味付けしつつ強火で焼く。ミディアム程度かな。焼き終われば寸胴に移す。

です。

まず開封してまな板に空けました。ここ最近は 肉問屋のうまいもん堂牛肩ロースブロック (豪州産) 1kg にお世話になっています。

牛肩ロース 1kg (1)

牛肩ロース 1kg (1)

牛肩ロース 1kg (2)

牛肩ロース 1kg (2)

寄ってみると結構な厚みがあります。これをひたすら捌いていきます。

肩ロースには繊維がたくさん走っているので、可能な限り繊維の流れに沿って細長く切る方が後で食べやすくなります。

牛肩ロース 1kg (3)

牛肩ロース 1kg (3)

捌いた後、おおよそ半分に分けました。この後焼きますが、自宅では 1kg の肉を一度に焼けるだけの器具がないので、単に半分ずつ焼いています。

牛肩ロース 炒め (500g)

牛肩ロース 炒め (500g)

強火で中華鍋を温めた上で一気に肉を投入し、塩・ブラックペパー・赤ワインまで終えた状態です。おそらく 5 分も焼きません。

中火等で時間をかけてしまうと肉汁がどんどん出てきてしまうので、強火でさっと表面に焼き色をつけて肉汁が出始めないうちに、寸胴に移します。

牛肩ロースを追加

牛肩ロースを追加

肉汁ごとすべて寸胴に移します。

牛肩ロース 炒め (残り 500g)

牛肩ロース 炒め (残り 500g)

残り 500g も同じ様に焼いて、

牛肩ロースをさらに追加

牛肩ロースをさらに追加

寸胴に移します。

結構大振りな切り方に見えるかもしれませんが、2 時間程煮込めばかなり崩れますので、この程度の大味な切り方で十分です。(続く)

Random Select

中華せいろ (上)
オフィスのある御茶ノ水・神田エリアは、カレーやラーメンの激戦区ですが、銀座にも私用で月に 2, 3 回は必ず訪れています。ランチ時であれば大抵 いさば (日本一美味しいサバの塩焼き) に入ってしまいま
無双ラーメン (坦々麺)
今回の沖縄出張は 01/14 入りの 01/26 帰りですが、雪による欠航で 1 日遅れて 01/15 夕方に沖縄入りしました。今回の出張初日のランチは、過去にも何度か訪れている ラーメン工場 無双
与那国産カジキ 300g (2 日目)
自宅 de 与那国産カジキ (Part 1) の続きです。薄いビニールに覆われていたカジキブロックを取り出し、まな板の上に乗せました。木の切り株の様です。この厚みが伝わるでしょうか。切り方を色々調べま
特製つけ麺 (中盛 300g)
道の塩 (特製塩らーめん) で、期せずして 道の塩 にめぐり合った 1 週間後に 道 を訪れました。ディズニーランドのアトラクション同様の覚悟で、11:30 の開店に 10:00 に訪れると、すでに
まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー (1)
去年の夏は ORANGINA (オランジーナ) に目覚めてケース買いしましたが、今年はセブンイレブンの "まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー" に猫夢中です。元々は f
WS-C2960S-48TS-L (1)
Cisco Catalyst は SSH でのログインも可能ですが、enable する方法が独特です。aaa new-modelcrypto key generate rsa今回は以下のバージョンでの
串焼き処 日比谷 鳥こまち (1)
先週の今日は、1 年ぶりに花の 46 年組 (笑) の 1 人と飲み会でした。沖縄出身ですが現在はタイで奮闘しているスタッフが久しぶりに国内での仕事の後に、東京オフィスからも近い有楽町に立ち寄ってくれ
サラダとドレッシング
今回の沖縄出張は 10/04 入りの 10/20 帰りでした。本筋の目的は 10/09 – 10/19 で業務しましたが、ここからは最近の定宿 ホテル ノア での寝起きになります。ここであ
クリーミー生サーバー (6)
うまい ! がすごい。クリーミー生サーバー (Part 2) の続きです。正確には覚えていませんが、キャンペーン終了翌日の 2013/08/26 から 1 ヶ月程経過してようやく届きました。中々の大ぶ
ごぼう天うどん
靖国通りを小川町方面によく行き来しますが、スターバックス (神田小川町 2 丁目店) のそばに見掛ける立て看板が気になっていました。豊前うどん 武膳 といううどん店の様ですが、何度か見掛けて気になって
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint