Home » Personal » ハッシュ・ド・ビーフの作り方 (No. 1) (Tag: )

ここ最近は年末年始の長期休暇の度に作っています。2012 – 2013 年にかけても作って味わいました。facebook では是非食べたいと好評でしたし、いつか本当に食べていただきたいですね。

今回は作成過程を写真に撮りました。以前 bistro rose♪ で簡単に説明した手順を補強しつつご紹介しましょう。

サマリ

ハッシュ・ド・ビーフ 材料

ハッシュ・ド・ビーフ 材料

  • 寸胴にデミグラスソース・ケチャップ・水を開けておく。量は 1:1:1.5 程度。水は多めにして、煮込んだ後 1:1:1 になれば良い。
  • 牛肩ロースを親指や人差し指大に細長く切って、塩・ブラックペパー・赤ワインで味付けしつつ強火で焼く。ミディアム程度かな。焼き終われば寸胴に移す。
  • 玉ねぎをざく切りして、あらびきガーリックとともに茶色くなるまで炒める。炒め終われば寸胴に移す。
  • ローリエを 2, 3 枚入れてよくかき混ぜ、2, 3 時間煮込む。適当にかき回せつつ。

ソース類

まず始めに

  • 寸胴にデミグラスソース・ケチャップ・水を開けておく。量は 1:1:1.5 程度。水は多めにして、煮込んだ後 1:1:1 になれば良い。

です。

デミグラスソースは半固形状態なので、缶の中にやや残ります。水はデミグラスソースを空けた缶に一度入れ、残った半固形のソースをぬぐう様にして寸胴に移すとソースがより多く移せます。飲食店ではよくやる手業ですね。

デミグラスソースは 4 缶だったので、今回追加した水はデミグラスソース 6 缶分を入れました。

デミグラスソース・ケチャップ・水

デミグラスソース・ケチャップ・水

移し終わった後に一通りかき混ぜた状態です。デミグラスソースの半固形が完全に溶ける (くだける) までまぜておきます。小麦粉で言えば "だま" がなくなる感じです。

ローリエ追加

ローリエ追加

後だと忘れるので、先にローリエを追加しておきました。

この後の肉・玉ねぎの調理は 40 分くらいかかるので、ガスコンロに余裕があるときは、先のこの状態でソース類だけ中火で温めておくと、煮込み開始 -> 終了が短縮出来ます。(続く)

Random Select

唐揚げはて
与那国島 (No. 13 – 雑貨さくら) の続きです。1 日目と違い大人しい観光コースで終わりましたが、夕方ともなれば居酒屋タイムです。今晩は、昨日 居処屋どぅーらい と迷って 2 日目
銀座わしたショップ 2014/06/13 (8)
銀座わしたショップ 2014/06/13 (三線自動演奏機) の続きです。1F は食料品を含めた物販がメインなので、改めて眺めてみることにしました。1F の入口左手側は冷蔵食品が並んでいて、最近興味が
よくばりそば + じゅうしぃ
奥武島 (No. 1 – 中本鮮魚店) の続きです。沖縄本島 (No. 7 – 宮良そば) からほぼ半年ぶりに訪れました。前回訪れた後にサラダバーが始まったことはキャッチしてい
トロピカルビーチ (4)
沖縄本島 (No. 28 – トロピカルビーチ de ビーチパーリー 準備) の続きです。トロピカルビーチ の設備予約で、Web ページでは書かれていない以下の事項を確認しました。予約可能
サイゼリア 神田小川町店
サイゼリヤ (ランチメニュー) から 2 ヶ月程ご無沙汰していましたが、急にサイゼリアの "小エビのカクテルサラダ" が食べたくなり訪れてみました。あれ ? 行くとほぼ必ずオーダー
瀬底大橋 (2)
沖縄本島 (No. 3 – 本部港 Part 2) の続きです。出発して 2 分程で、あっと言う間に瀬底大橋が迫って来ました。さらにまた 1 分程経過。渡ったことは 2, 3 度ありますが
Labeling Completed
サーバをラッキングした後、電源ケーブル, LAN ケーブルを配線した後に、L2 スイッチにはたくさんの LAN ケーブルが集合するため、一目見てどのサーバからのケーブルかが特定出来るためにラべリングし
Logicool Ultrathin Touch Mouse T630 (5)
VAIO Fit 13A + Logicool Ultrathin Touch Mouse T630 (Part 1) の続きです。取扱説明書通り、Bluetooth 接続を済ませます。Logicoo
しお定食
出張 2 週間目の木曜日、そろそろ胃も疲れてくる頃ですがそんな気配は微塵も見せず、さて今日も普段行けないメンバーを揃えて 5 人で出発しました。当初 沖縄出張 (No. 2 ? 海鮮食堂 太陽) で天
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint