Home » FreeBSD » Migrate to FreeBSD 9.1-RELEASE (PDFJ.pm) (Tag: , )

今回の適用内容は FreeBSD のバージョンよりインストールされている Perl のバージョンに依存するため、他の FreeBSD のバージョンや OS (CentOS, Mac OS 等) でも有用でしょう。

Drive Network では、見積書・請求書等は PDFJ.pm を使用して 100% Pure Perl で作成しています。

当初作成した 2004 年以降、システム系も顧客収容機器もすべて Perl のバージョンを 5.005 から 5.8.9 に変更しました。

PDFJ.pm は 0.72 を使用していましたが、バージョンアップされたリリースではインストールや使用時の違和感が拭えず、継続して 0.72 を使用することとしました。

ところが、Perl 5.8.9 で使用すると以下の様な警告が多発します。

Pseudo-hashes are deprecated at /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.9/PDFJ.pm line 2839.
Pseudo-hashes are deprecated at /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.9/PDFJ.pm line 2470.
Pseudo-hashes are deprecated at /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.9/PDFJ.pm line 2475.
Pseudo-hashes are deprecated at /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.9/PDFJ.pm line 2481.
Pseudo-hashes are deprecated at /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.9/PDFJ.pm line 3570.
Pseudo-hashes are deprecated at /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.9/PDFJ.pm line 3571.
Pseudo-hashes are deprecated at /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.9/PDFJ.pm line 3572.
Pseudo-hashes are deprecated at /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.9/PDFJ.pm line 3573.
Pseudo-hashes are deprecated at /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.9/PDFJ.pm line 3570.
Pseudo-hashes are deprecated at /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.9/PDFJ.pm line 3571.
Pseudo-hashes are deprecated at /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.9/PDFJ.pm line 3572.
Pseudo-hashes are deprecated at /usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.9/PDFJ.pm line 3573.

Pseudo-hashes は Perl 5.10 以降ではエラーとして進まない様です。5.8.9 では警告で収まりますが、1 つの PDF ファイルを作成するだけで数 100 行以上出る場合があります。

PDFJ 0.90 Perl 5.10 向け patch は公開されていますが、PDFJ 0.72 用には公開されていないため、前述の patch を参考に PDFJ 0.72 用 patch を作成しました。

--- PDFJ.pm.0    2011-06-27 17:17:13.000000000 +0900
+++ PDFJ.pm      2011-06-27 17:35:56.000000000 +0900
@@ -2206,13 +2206,6 @@
     $self->{hyphened} = 0;
 }

-my %TextLineIndex = (
-    Start => 1,
-    Count => 2,
-    Shift => 3,
-    FixedGlues => 4,
-);
-
 sub _fold {
     my($self, $linesize, $align) = @_;
     my $chunks = $self->chunks;
@@ -2307,7 +2300,13 @@
                     $self->fixsize($start, $count, $fixedglues)) / 2;
             }
         }
-        push @lines, [\%TextLineIndex, $start, $count, $shift, $fixedglues];
+        my %hash =(
+            Start      => $start ,
+            Count      => $count ,
+            Shift      => $shift ,
+            FixedGlues => $fixedglues ,
+            );
+        push(@lines,\%hash);
         $start = $nextpos;
     }
     @lines;
@@ -2322,7 +2321,7 @@
     my($can, $canleft, $pre, $word);
     if( $string =~ /([A-Za-z]-)([A-Za-z])/ ) {
         $can = $`.$1;
-        $canleft = $2.$';
+        $canleft = $2.$'; #'
     } elsif( $string =~ /[A-Za-z]{5,}/ ) {
         $pre = $`;
         $word = $&;
@@ -3289,28 +3288,30 @@

 # chunk array index
 my %ChunkIndex = (
-    Style => 1,           # PDFJ::TextStyle object
-    Mode => 2,            # description as above
-    Class => 3,           # description as above
-    Splittable => 4,      # 1 for splittable at pre-postion
-    Glue => 5,            # normal glue width
-    GlueDec => 6,         # decrease adjustable glue width
-    GlueInc => 7,         # increase adjustable glue width
-    GluePref => 8,        # glue preference
-    Count => 9,           # characters count
-    String => 10,         # characters string
-    PreShift => 11,       # postion shift at pre-postion
-    PostShift => 12,      # postion shift at post-postion
-    GlueFix => 13,        # fixed glue (to be calculated)
-    Hyphened => 14,       # 1 for splitted, 2 for hyphened
-    RubyText => 15,       # ruby PDFJ::Text object
-    AltObj => 16,         # alternative object for String
+    Style       =>  0,    # PDFJ::TextStyle object
+    Mode        =>  1,    # description as above
+    Class       =>  2,    # description as above
+    Splittable  =>  3,    # 1 for splittable at pre-postion
+    Glue        =>  4,    # normal glue width
+    GlueDec     =>  5,    # decrease adjustable glue width
+    GlueInc     =>  6,    # increase adjustable glue width
+    GluePref    =>  7,    # glue preference
+    Count       =>  8,    # characters count
+    String      =>  9,    # characters string
+    PreShift    => 10,    # postion shift at pre-postion
+    PostShift   => 11,    # postion shift at post-postion
+    GlueFix     => 12,    # fixed glue (to be calculated)
+    Hyphened    => 13,    # 1 for splitted, 2 for hyphened
+    RubyText    => 14,    # ruby PDFJ::Text object
+    AltObj      => 15,    # alternative object for String
+    RubyOverlap => 16,    # ruby overlap size
 );

 sub new {
     my($class, @args) = @_;
-    unshift @args, \%ChunkIndex;
-    bless \@args, $class;
+        my %hash  = map {  $_ => $args[ $ChunkIndex{ $_ } ] } keys(%ChunkIndex) ;
+
+    bless \%hash, $class;
 }

 sub clone {

上記を適用することで警告は収まることは確認しています。

なお、適用の有無に関わらず Perl 5.8.9 では生成される PDF ファイルの内容に md5 の照合でも差がないこともまた確認しています。

# が、PDFJ のすべての動作を確認した訳ではありません。予めご了承ください。

Random Select

石垣島ドリーム観光 (3)
石垣島 (No. 11 – 石垣御神埼灯台) の続きです。前日は石垣島をほぼ一周しましたが、翌日 05/06 は黒島を訪れることにしていました。石垣港離島ターミナルは数年前に西表島を訪れて
チキンカレー
欧風カレー ボンディ と出会って、御茶ノ水・神田神保町界隈では有名なエチオピアも通い出しました。欧風カレー ボンディ (ビーフカレー)欧風カレー ボンディ ("豪快" スペアリブ
牛赤身ひき肉 (9)
自宅 de タコライス (S&B タコスシーズニング Part 1) の続きです。タコスミートS&B タコスシーズニング は 1 パックに 2 袋入りで、1 袋 (8g) をひき肉 1
玄米 + くめ納豆 秘伝金印
カミングアウトバラエティ 秘密のケンミン SHOW を沖縄特集で初めて知り、その後も YouTube で面白そうな回をダウンロードして見ています。2014/02/13 の茨城特集は大好きですが、その中
Rack Sample 0
これは、Drive Network サービスを収容しているデータセンターのあるラックの一部です。白ケーブルはグローバル IP アドレス ネットワーク青はプライベート IP アドレス ネットワークライト
味噌らーめん + 青のり + 柚子七味
去年 味噌の章 (味噌らーめん) に驚いてもう 1 年。寒くなってきたのでほぼ 1 年ぶりに訪れてみました。前回もおそらく掲示されていたのでしょうが、今日はふと目に留まりました。ふと右手前を見ると青の
夏いちばん + お刺身 (東急ストア)
銀座わしたショップ 2014/06/13 (夏季限定醸造生ビール 夏いちばん) で大量に陳列された 夏季限定醸造生ビール 夏いちばん – オリオンビール を見てからは、駅前のイトーヨーカド
魚介カレー (2)
2013/11 に 欧風カレー ボンディ (神保町本店) を訪れてからはしばらく過酷な日々が続いたので足が遠のいていました。年末最終営業日にも訪れましたが、その際はいつもながらのチキンカレーで、食べた
タコス (2)
沖縄本島 (No. 43 – ステーキハウス四季) の続きです。到着初日のランチは、元々初体験 2 連続のハシゴランチを計画していました。2 店目は、ここも以前から気になっていたタコス専門
よくばりそば + じゅうしぃ
奥武島 (No. 1 – 中本鮮魚店) の続きです。沖縄本島 (No. 7 – 宮良そば) からほぼ半年ぶりに訪れました。前回訪れた後にサラダバーが始まったことはキャッチしてい
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint