Home » Food » 欧風カレー ボンディ (魚介カレー) (Tag: )
ボンディ メニュー

ボンディ メニュー

2013/11 に 欧風カレー ボンディ (神保町本店) を訪れてからはしばらく過酷な日々が続いたので足が遠のいていました。

年末最終営業日にも訪れましたが、その際はいつもながらのチキンカレーで、食べた後に気になるメニューがあることに気が付きました。

神保町本店では "魚介ミックスカレー" とメニューに書かれていましたが、いつも訪れる神田小川町店では単に魚介カレーとだけ書かれています。

次回はこれにターゲットを決め、年が明けて再び訪れました。

普段のランチは 13:00 – 14:00 の間で開始することが多いのですが、この日はやけに空腹であったこともあり、行列待ちを覚悟してランチタイムど真ん中のに訪れました。

欧風カレー ボンディ 神田小川町店

欧風カレー ボンディ 神田小川町店

いつも見ている 2F に上がる入口です。並んでいる時はここまで人がつながっていますが、今日はすぐに座ることが出来ました。

ポテト

ポテト

いつも通り、オーダーを終わると速攻で出て来ます。

魚介カレー (1)

魚介カレー (1)

ポテトを 1 つ食べ終わる頃にはもう出て来ました。松屋並に速いです。

魚介カレー (2)

魚介カレー (2)

何ともカラフルで上品な盛り付けです。いつもの通り辛口でオーダーしましたが、どの具も美味しいのひとことです。

オレンジ色の品はおそらくにんじんだと思いますが、パイナップルの様な味がしました。本当ににんじんかな ? 今度空いている時間に訪れて聞いてみることにします。

魚介カレー (3)

魚介カレー (3)

半分程食べた後であまり綺麗ではありませんが、真ん中の四角い品は白身魚です。これがとても柔らかくて優しくて美味しかった。エビ・ホタテもゴロゴロとしていてとても満足しました。

ビーフ・チキンに続くヘビーリピートメニューになりそうです。

Random Select

ESXi 5.1 Install - NG (PCPUs are in panic 1)
Adaptec RAID BIOS で Initialize Drives によりメタデータを消して RAID アレイの初期化をしたにも関わらず、データが残っている表示を出す不可解なインストール状況を
与那国産カジキ 300g (1 日目)
ここ最近、休日のビールのお供にお刺身をチョイスすることが多々あります。夏季限定醸造生ビール 夏いちばんアサヒオリオン 沖縄だよりザ・プレミアム・モルツ <香るプレミアム> (Part 2)
牛すき鍋膳 肉二倍盛 (1)
吉野家 (ロース豚丼 十勝仕立て) や 吉野家 (牛カルビ丼) のために通い始めてから、牛すき鍋膳 も気になり始めています。販売開始から 4 ヶ月で 1,000 万食を突破したそうで、牛丼とはまるで別
玄米 + ゲンコツメンチ + キャベツ千切り
一時期 セブンイレブン (あらびき牛肉メンチカツ) を土日のどちらかのお昼ご飯として買っていた時期がありましたが、ローソンでも同じ様なメンチカツを見かけました。最寄りのローソンではなぜか夕方の方がスト
プレミアム急冷器 (2)
新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (Part 4) で応募して 2 週間程で、まずプレミアム急冷器のみ先行して配送を完了したとの通知が入りました。白い化粧箱 ? と同サイズの小さい荷物でやって来まし
フェリーくだか (3)
沖縄入り 3 日目は久高島を訪れることに決めていました。前回同様、安座真港 11:30 発高速船ニューくだか (久高島行き 時刻表・運賃表) で訪れ、久高港 15:00 発で帰る予定でした。ところが、
タコライス + オニオンリング
沖縄本島 (No. 38 – 肴家あうん) の続きです。翌日のランチは、沖縄本島 (No. 19 – タコス屋 <Tacos-ya>) 以来、5 ヶ月ぶりに タコス
かつぎや担々麺 + 辛さ 4 (大辛)
最近週末は "自宅 de タコライス" が続いたせいか、平日にもピリ辛なメニューを欲している気がしてなりません。以前私の中では日本一美味しいカレーだった "バルチックカレ
青菜魯肉 (1)
20 – 35 歳まで千葉県船橋市に住んでいましたが、今でも日本一美味しいと感じているのが "慶龍" の青菜魯肉 (豚の角煮)?です。普通盛りは茶碗のほぼすり切りですが
猫喫茶 毛玉
沖縄にも増え続ける猫カフェで、飼い猫も同伴出来る 毛玉 に着きました。来店は 2 回目です。コーヒーゼリーがお勧めと K 君から聞きましたが、本日は売り切れとのこと。プリンにしてみましたが、これ、美味
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint