Home » Food » 与那国島 (No. 10 – 居処屋どぅーらい) (Tag: , )

与那国島 (No. 9 – Dr. コトー診療所 Part 3) の続きです。

念願の Dr. コトー診療所を満喫して 15:00 過ぎ。与那国島 (No. 1 ? 出発) の通りほぼ寝ずにひたすら自転車をこいできたので、さすがに疲れて来ました。

比川から旅館のある祖納までは、島の外周を回るコースと、近道と呼ばれるほぼ島を縦断している道があります。もちろん近道で帰ってシャワーを浴びる気満々。

ところが、この近道も聞きしに勝る坂道です。たまに下り坂もあるけど、祖納 -> 久部良 -> 比川より遙かにしんどかったのは気のせいでしょうか。

ともかく帰還して近所のふくやまスーパーで買い出し後は、シャワーを浴びて近場の居酒屋に繰り出しました。

3 店舗程候補はありましたが、穴場と口コミがあった 居処屋どぅーらい を訪れました。

店外の雰囲気は "本当にお店 ?" と疑問がわく感じでしたが、振り切って中へ。中は至って普通の居酒屋で、食堂で良く見かけるマンガ本も並ぶ光景でした。

与那国はカジキが有名と聞いていたので、真先に頼むはオリオンビールと

カジキの刺身

カジキの刺身

まずはカジキの刺身でしょう。

沖縄本島に戻ってからも何人かに聞きましたが、本島でも食べたことのある人にはまだ出会ってないので、地域性の強い魚なのかもしれません。

赤身ですが白身魚の様でもあり、淡白な味わいもありつつマグロの様なこってり感もかすかに感じます。これは美味しいです。後は

フライドポテトと枝豆

フライドポテトと枝豆

普通の居酒屋メニューですが、枝豆は熱々で出てくるし、ポテトもほくほくで美味しいです。レベル高めです、ここ。

ソーメンチャンプルー

ソーメンチャンプルー

そして、沖縄出張の際は必ずどこかで探して食べる程好みなソーメンチャンプルー。

居酒屋で食べる機会がなければ、コンビニの総菜でも必ず一度は買う位好きです。(ローソンよりファミリーマートの方が美味しいかな)

こちらのソーメンチャンプルーも、今まで食べた中では上位間違いなしです。穴場と口コミがあった理由もうなずけます。

私が訪れたのは 18:00 過ぎでかなり早めだったせいか、他には 2 組程でした。祖納に宿泊する場合は是非訪れて欲しいスポットです。

さて、次の日はいよいよ海底遺跡を拝みに行きます。(続く)

Season 1 (2012/10/06 - 2012/10/08)
関連ページ

Random Select

スミノフ フローズン シトラスダイキリ (3)
駅前のスーパーで、ある日 "スミノフ フローズン シトラスダイキリ" を見つけました。"スミノフ® フローズン シトラスダイキリ / ピニャコラーダ"
山形水ラーメン
久しぶりに訪れた Pour~cafe’ (ロコモコ テリヤキソース) から 3 ヶ月程空きましたが、再び Pour~cafe’ (プルーカフェ) を訪れました。夏真っ盛りで暑い気候でしたし
FreeBSD 9.1-RELEASE 1280x960
自宅や出張時に使用しているノート PC (hp dv5 has broken again) はホスト OS を Windows 7, ゲスト OS に FreeBSD をインストールしています。今回改
Lavender
緑内障 (No. 3) の続きです。ふたたび (ほぼ) 点眼なしで臨んでみた前回 12/07 の時には 3 ヶ月後に来てくださいと言われていたので、先日 03/08 に訪れました。前回は処方はなしでし
VAIO Fit 13A (背面)
Java 7.0 / 8.0 セキュリティ・レベル (Part 1) の続きです。Java 8 Update 31コントロールパネル -> セキュリティ では、確かに "中"
エビカレー (辛さ 15 倍)
カリーライス専門店 エチオピア 本店 (No. 1 – 辛さ 5 – 10 倍) の続きです。5 倍, 10 倍と少しずつ辛さを増した 3 度目は、店頭と券売機で気になっていた
FreeBSD Logo
Migrate to FreeBSD 9.1-RELEASE (PostgreSQL) に続いて JDK 1.6 を移行する機会がありました。現在用いている /usr/ports/ は、環境移行を優先
瀬長島 (1)
沖縄本島 (No. 37 – ニライカナイ橋) の続きです。カフェくるくま -> ニライカナイ橋と進むにつれて天気が崩れ、通り雨も降りましたがまた明けました。ここ最近は、瀬長島で飛行
iPhone 6 Plus (Gold)
iPhone 6 Plus ("iPhone から送信" 削除) の続きです。iPhone 6 Plus (開封) から必要最低限の準備は出来たので、充電することにしました。VAI
瀬底ビーチ (4)
瀬底島 (No. 1 – 172 号線散策) の続きです。前日程の雨ではありませんが小雨がパラつくこともあるこの日に、折角ですから瀬底ビーチをのぞいてみることにしました。悪天候のため営業は
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint