Home » Food » 新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (Part 1) (Tag: )

2013 年産ダイヤモンド麦芽の恵み 初仕込 ザ・プレミアム・モルツ (Part 2) の "絶対もらえるキャンペーン" 終了後のキャンペーンはまるで興味が持てなかったので、しばらくシールの収集・登録をコツコツ続けていました。

そのキャンペーンが終わる頃、ザ・プレミアム・モルツ キャンペーン をのぞいてみると、

新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (1)

新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (1)

超クリーミー泡サーバー 絶対もらえるキャンペーン が目に付きました。えっ、うまい ! が、すごい。絶対もらえるキャンペーン のクリーミー生サーバーがもうバージョンアップ ?

新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (2)

新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (2)

よく見れば前回の終了と今回の終了で確かに 1 年空いています。

が、クリーミー生サーバーの到着が 2013/10 頃で、キャンペーンの告知を 2014/03 に目にすると、たった半年でバージョンアップするならもっと待てば良かったという気持ちにもなります。

とは言っても、クリーミー生サーバーのキャンペーン時に後続モデルが出て来ることは予想出来ないので仕方ありません。

もしかすると第 3 弾もあるかもしれませんが、メーカーの思惑通り踊らされることにします。

今回は、キャンペーン開始直後の 2014/04/23 でにすでに 123 点溜まっていました。1 回分キャンペーンを見送っていることもありますが、

新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (3)

新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (3)

忙しい時にはひたすらシールを残しておくだけで、

新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (4)

新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (4)

後で整列・登録とマメなことを積み重ねた結果でもあります。

ところで今回のキャンペーンが始まると、コンビニエンスストアでも飛び道具的なキャンペーンが同時開催されました。

新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (5)

新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (5)

330ml, 500ml 缶毎に 1 枚、写真の様な応募台紙が飲み口にはめられていて、指定の Web サイトであたり・はずれが分かる仕組みの様です。20 点は大きいので、しばらくはコンビニエンスストアでの購入を優先して試してみました。(続く)

ビールサーバー
ラインアップ

Random Select

味噌ラーメン (1)
少し前に沖縄つながりの友達から ラーメンさんぱち を教わりました。札幌が発祥で沖縄には石垣を含めて 7 店舗もありますが、都内どころか関東近県では お茶の水店 しかありません。運良くオフィスからは歩い
VAIO Fit 13A (7)
VAIO Fit 13A (到着) の続きです。バックライトキーボードと MacBook のトラックパッドに似たタッチパッドにすっかり惚れました。ところが、設定変更は簡単には済みませんでした。VAIO
タコライス 材料 (OLD EL PASO タコ・シーズニング)
自宅 de タコライス (OLD EL PASO タコ・シーズニング Part 2) の続きです。沖縄本島 (No. 42 – 払い戻し) で年内最後の沖縄旅行が中止となったので、久しぶり
特製チャンポン 野菜増し
ハカタノチカラ (名物チャントン) で博多チャンポンを初体験して早 2 ヶ月。沖縄出張 (No. 27 – てぃーだ社員食堂 Part 2) で 2 週間野菜をたっぷり充電して来ましたが、
オキハム コンビーフハッシュ 140g
銀座わしたショップ 2014/06/13 (コンビーフハッシュ) 以来 1 ヶ月ぶりに訪れる余裕がわずかに出来たので、もう沖縄ホーメルのコンビーフハッシュ (大 135g) が入荷しているだろうと期待
日替そば (ニラカナそば + 定食)
うちなぁ料理と古酒家 ニライカナイ (ソーキそば定食) でメニューが多少変わっていたので、日を空けずに訪れました。実は 1 週間程前にも訪れましたが、その際はおかわり無料のじゅうしぃが切れて白ご飯だけ
あぐーハンバーグセット 220g
瀬底島 (No. 3 – アンチ浜ビーチ 〜 瀬底ビーチ) の続きです。瀬底島を堪能した後は、ハンバーグとパンケーキのお店うるり に猫まっしぐらに向かいました。元々予定に組み込んでいて絶対
富士家ぜんざい + ミニぜんざい
沖縄本島 (No. 34 – はっぱとマメの木) の続きです。前日 古宇利島 (No. 1 – 古宇利大橋 〜 ハートロック) を訪れた後、ぜんざいでも食べに行く ? と案が出
古宇利大橋 (1)
沖縄出張 (No. 31 – 備瀬フク木並木通り) を後にして本部循環線に戻り、古宇利島を目指しました。私の記憶では、古宇利島へのルートは名護から奥武島 -> 屋我地島を抜けて古宇利
Drive Network Philosophy
Drive Network "こだわり" シリーズ第 5 弾は、"1 クリックインストール" です。これは、Movable Type, WordPress, E
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint