Home » Personal » 沖縄出張 (No. 32 – ワルミ大橋 〜 古宇利島) (Tag: )

沖縄出張 (No. 31 – 備瀬フク木並木通り) を後にして本部循環線に戻り、古宇利島を目指しました。

私の記憶では、古宇利島へのルートは名護から奥武島 -> 屋我地島を抜けて古宇利大橋を渡るルートのみでしたので、今回本部半島から屋我地島に渡ることが出来ると知って驚きました。

ワルミ大橋 (1)

ワルミ大橋 (1)

2010/12/18 に開通した ワルミ大橋 の手前に広場があり、景観案内図がありました。

ワルミ大橋 (2)

ワルミ大橋 (2)

橋を少し進んだところから撮影しました。好天もありエメラルドグリーンの東シナ海 (運天港側) が迎えてくれました。遠くに古宇利大橋も見えます。

ワルミ大橋 (3)

ワルミ大橋 (3)

右側の羽地内海も眺めつつ移動を開始しました。ワルミ大橋から 10 分も移動すると、古宇利大橋に着きました。

古宇利大橋 (1)

古宇利大橋 (1)

古宇利大橋 (2)

古宇利大橋 (2)

ここまでエメラルドグリーンな古宇利島付近の海を見るのは初めてです。今回は車からは降りず、島内をゆっくり 1 周しました。

古宇利島 (1)

古宇利島 (1)

古宇利島 (2)

古宇利島 (2)

島の東側から古宇利大橋を撮影。海の鮮やかさは過去最高でした。

古宇利大橋 (3)

古宇利大橋 (3)

20 分程掛けてゆっくり周った後は、さらに北部を目指すべく 58 号線に向かいました。(続く)

Season 0
Season 1 (2012/10/04 - 2012/10/20)
Season 2 (2013/01/15 - 2013/01/26)
Season 3 (2013/05/19 - 2013/06/01)
Season 4 (2013/07/11 - 2013/07/27)
関連ページ

Random Select

煮込み開始直前 (3)
ハッシュ・ド・ビーフの作り方 (No. 3) の続きです。煮込み最後はローリエを 2, 3 枚入れてよくかき混ぜ、2, 3 時間煮込む。適当にかき回せつつ。です。すべての材料を寸胴に移した状態で、ほぼ
真壁ちなー (4)
2012/11 の末にプライベートで沖縄を訪れた際、久しぶりに南部でゆったりした時間を取ることが出来たので、茶処 真壁ちなー を訪れたことがあります。南部ではかなり有名なお食事処の様です。糸満に近付く
絆道 (2)
2014/04 頃から facebook 沖縄ユーザーグループ に自ら投稿する様になり、翌 5 月中旬にはとても気の合う友達が出来ました。非公開のグループを作成して沖縄に関すること以外でも語り合う中で
チキンカレー
沖縄出張から帰った後、改めて "欧風カレー" ってどういう定義でどんな作り方が一般的なのだろう、と興味を持って調べてみたところ、何と 欧風カレー ボンディ のレシピが公開されている
らーめん 並 (きゃべつ) + トッピング (ほうれん草増) + ぎょうざ
横浜らーめん武蔵家 (きゃべつ + もやし) の続きです。写真は 12/08 の自宅近所の東綾瀬公園 (景色 (東綾瀬公園)) です。12 月に入ってもまだ銀杏の紅葉が多く見られますが、この後 4 日
FreeBSD Logo
FreeBSD kernel compile に続いて /etc/sysctl.conf のチューニングサンプルです。ここでは、radserv 向けにチューニングし、動作実績のある設定ファイルを紹介し
2013/01/14 12:13 羽田空港
沖縄出張 (No. 13 ? 欠航 Part 1) の続きです。保安検査場最近 ANA の保安検査場は C, D も拡張されたと記憶しています。A, B より明らかに空いているので、例え搭乗口が 50
伊江島 (11)
伊江島 (No. 4 – 湧出 〜 島の駅) の続きです。島の駅から戻って伊江港ターミナルにつくと、もう車を搬入するにはちょうど良い時間でした。乗船まではまだ少し時間がありそうでしたので、
オリオンビール + お通し
facebook 沖縄ユーザーグループ が縁で沖縄好きな友達も増え、また改めてみんなで会おうと決めて、今度は 沖縄食彩 てぃ?だかんかん に集うことになりました。当初の予定から若干メンバーに変更があり
猫丸庵カレー (1)
沖縄本島 (No. 53 – 猫丸庵 Part 2) の続きです。猫たちとたわむれながら静かに待っていると、ついに出て来ました。私が辛いカレーを良く食べていることを知ってか、スパイスも付け
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint