Home » Food » 沖縄出張 (No. 19 – ヌーベルダイニング グリーン) (Tag: )

以前在籍していたスタッフとランチに繰り出す機会があり、いくつか見繕ってもらったお店のうち、ヌーベルダイニング グリーン を訪れてみました。

ランチはハーフバイキングで、サラダ・スープ・ドリンクは食べ放題 + 飲み放題。だから真っ先に訪れた訳ではなく、ゆったりした時間が過ごせそうな気がした点もポイントです。

着くまでに結構迷いました。となりの美容室の前で一度停まって "どこだろう ?" と首を傾げながら前を通り過ぎていたことに後から気が付きました。

窓際の席に通されメインディッシュを注文した後は、バイキングに向かいます。

ハーフバイキング (オードブル & サラダ)

ハーフバイキング (オードブル & サラダ)

器や盛り付けからただようお洒落感は、きっと味も軽やかで美味しいはず、と期待させてくれます。

オードブル & サラダ

オードブル & サラダ

まずはこんな具合で盛り付け。もちろんこれで終わる訳はなく、ドリンク以外はすべてこれ以上の量をお代わりしました。

ベーコンとキノコとほうれん草のトマトクリームパスタ

ベーコンとキノコとほうれん草のトマトクリームパスタ

程なくメインディッシュとロールパンが出て来ました。このロールパン、中がほんのり暖かく味もとても優しい感じで良いですね。

パスタもとてもお上品な感じで、店内と器と味がとてもマッチした大人のお店を感じます。久しぶりに話し込んだせいか、たっぷり 1.5 時間は滞在してしまいました。

ヌーベルダイニング グリーン

ヌーベルダイニング グリーン

入店時は通り雨に迎えられたので撮れませんでした。これはランチ終了の 15 時過ぎに撮りましたが、おそらく木のボードの上にメニューが乗るのでしょう。

また訪れたいお店が増えました。もう少し近いとなおいいな。。居酒屋タイムもメニューが充実しているので、夜も期待出来そうです。

Season 0
Season 1 (2012/10/04 - 2012/10/20)
Season 2 (2013/01/15 - 2013/01/26)
Season 3 (2013/05/19 - 2013/06/01)
Season 4 (2013/07/11 - 2013/07/27)
関連ページ

Random Select

コピリーナ (5)
前回の出張 2013/01 から今回の間に、かつてのスタッフが夢をかなえて cafe copiriina*コピリーナ をオープンしていたので、今回は是非にと訪れました。沖縄入りして 1 週間でようやく
ビーフカレー + カレーソース
欧風カレー ボンディ (魚介カレー) の後は 10 月に訪れましたが、いつも訪れる小川町店ではすでに魚介カレーがメニューから消えていました。この時と 12 月にも 欧風カレー ボンディ (チキンカレー
魯肉飯 (ランチセット, 大盛り)
一茶一会 (印度チキンカレー) から日を空けずして再び訪れました。気になっていた魯肉飯 (豚の角煮) にチャレンジしてみたかったからです。前回訪れた週末の看板には、印度チキンカレーの横に "
FreeBSD Logo
ImageMagick (convert) で -geometry オプションを用いて画像サイズを縮小する方法を紹介しました。convert を使用しつつ、複数枚の画像ファイルを一括変換出来る様にシェ
iPod nano (2)
iPod なの (そうなの) の続きです。iTunes は起動しておきます。付属の Lightning – USB ケーブル で PC と接続すると、iTunes の画面が変わります。&q
新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (6)
新開発 ! 超クリーミー泡サーバー (Part 1) の続きです。1 枚の応募で 20 点分があたる応募台紙が 4 枚程集まったところで、早速応募してみました。"応募はこちら !"
エビカレー (辛さ 15 倍)
カリーライス専門店 エチオピア 本店 (No. 1 – 辛さ 5 – 10 倍) の続きです。5 倍, 10 倍と少しずつ辛さを増した 3 度目は、店頭と券売機で気になっていた
カーフェリー (13)
沖縄本島 (No. 2 – 本部港 Part 1) の続きです。車も人も同じ入口から入りますが、歩道 ? は入って程なくすると左側に階段があり、客席へはそこを上ります。おぉ、新幹線と飛行機
辺戸岬 (伊是名島・伊平屋島)
沖縄出張 (No. 32 – ワルミ大橋 〜 古宇利島) を後にして、次はどこに行くか少々迷いました。以前訪れた北部の滝が ター滝 なのか、フンガー滝 だったか記憶が怪しいことが分かり、ど
瀬底ビーチ (4)
瀬底島 (No. 1 – 172 号線散策) の続きです。前日程の雨ではありませんが小雨がパラつくこともあるこの日に、折角ですから瀬底ビーチをのぞいてみることにしました。悪天候のため営業は
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint