Home » Food » 沖縄本島 (No. 49 – 波ぬ花) (Tag: , )

17:30 にスタートした 沖縄本島 (No. 48 – ルフージュ) でエンジンがかかった後は、同じく栄町通りそばの 波ぬ花 を訪れました。

2 件目で 19:00 とは私には珍しい行動パターンですが、私以外のメンバーはルフージュ + 波ぬ花もこの時間帯もほぼ普段通りの様です。今回はただ付いていくだけで実にお気楽な参加です。

波ぬ花 (1)

波ぬ花 (1)

ルフージュから 1 – 2 分の栄町通り沿いに目印があります。

波ぬ花 (2)

波ぬ花 (2)

右折してすぐにお店らしき場所にたどり着きました。さらに右に曲がると

波ぬ花 (3)

波ぬ花 (3)

おぉ、この風格。

波ぬ花 (4)

波ぬ花 (4)

カウンターとソファー席があり、こちらでもソファー席に座りました。早い時間もあってまだ誰もいません。

裏メニューで泡盛がある様ですが、折角ですからストレートにワインをいただくことにします。

波ぬ花 (5)

波ぬ花 (5)

"白がいい ? 泡がいい ?" と聞かれ、初めは意味が分からず 1.5 秒程一時停止してしまいました。どちらも好きなので、順序は忘れましたが両方いただきました。

お店の雰囲気と前菜がマッチしているためか、いつもより白ワインやスパークリングワインが水の様に美味しく感じます。ここでも料理はお任せしました。

波ぬ花 (6)

波ぬ花 (6)

水ナスのわさび・三杯酢和えです。シュワシュワした泡と合い、蒸し暑いこの時期にはぴったりとの女将の心添えです。作り方が 今年もやって来た? で紹介されていますね。

波ぬ花 (7)

波ぬ花 (7)

驚いたのがマンゴーのピクルス。パパイヤは果物向きと野菜用途の品種があると知っていましたが、このマンゴーも野菜用途かもしれません。

同行したメンバーも初めてだった様ですが、これもまた白ワインやスパークリングワインに合う実に美味なおつまみです。他にもいただいたかもしれませんが、ここでも 5 人で 8,000 円程度で何ともリーズナブルでした。

今回はルフージュ -> 波ぬ花の 2 件でお開きとなりましたが、このペースであればもう 1 件行っても良かったかもしれません。栄町デビューは地元の有名店を訪れて、大満足のうちに果たすことが出来ました。(続く)

Season 1 (2013/10)
Season 2 (2014/02, 2014/04)
Season 3 (2014/05)
Season 4 (2014/09)
Season 5 (2014/10)
Season 6 (2015/05)
関連ページ

Random Select

hp dv5
メーカー保証に見放されながらも hp dv5 revival で見事に復旧したので、せっかくですから Windows 8.1 がインストール出来るか検証してみることにしました。Windows Vist
JTA961
かねてから最も行きたい沖縄の離島が与那国島でした。"Dr. コトー診療所" とそのロケ地巡りや海底遺跡がその最たる理由で、共感出来る人が出て来ても必ずしも同行出来るとも限らないしと
FreeBSD Logo
Migrate 32bit to 64bit (FreeBSD, PostgreSQL) に続いて、単なるデータコピーで移行が完了しないケースに 1 つに GDBM (GNU dbm) があります。現
こなゆきコラーゲン BODY SAVON (4)
タマチャンショップ には こなゆきコラーゲン や YASAI シャンプー & ヘアパック でお世話になっていますが、こなゆきコラーゲン BODY SAVON も 2 個目のリピートとなりました
旅館前から祖納港方面
与那国島 (No. 2 – 到着) の続きです。与那国には 2012 年現在ホテルはなく、すべて民宿的な旅館です。素泊まりが多い中で今回は食事にも力を入れている 旅の館 阿檀 にしました。
FreeBSD Logo
FreeBSD kernel compile でも紹介した通り、常に kernel 再構築によりカスタムカーネルで稼動させています。私はカスタムカーネルの名称を `hostname -s` にする習慣
松藤 限定古酒 43 度 (3)
沖縄本島 (No. 6 – 打ち上げ) で衝撃を受けた 松藤【限定古酒】43 度 を、東京に戻ってからも飲んでみようと考えていたところ、今も同僚でもある打ち上げのメンバーからプレゼントして
味噌らーめん + 青のり + 柚子七味
去年 味噌の章 (味噌らーめん) に驚いてもう 1 年。寒くなってきたのでほぼ 1 年ぶりに訪れてみました。前回もおそらく掲示されていたのでしょうが、今日はふと目に留まりました。ふと右手前を見ると青の
ビーフカレー + カレーソース
欧風カレー ボンディ (魚介カレー) の後は 10 月に訪れましたが、いつも訪れる小川町店ではすでに魚介カレーがメニューから消えていました。この時と 12 月にも 欧風カレー ボンディ (チキンカレー
中華せいろ (上)
オフィスのある御茶ノ水・神田エリアは、カレーやラーメンの激戦区ですが、銀座にも私用で月に 2, 3 回は必ず訪れています。ランチ時であれば大抵 いさば (日本一美味しいサバの塩焼き) に入ってしまいま
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint