Home » Food » 沖縄本島 (No. 49 – 波ぬ花) (Tag: , )

17:30 にスタートした 沖縄本島 (No. 48 – ルフージュ) でエンジンがかかった後は、同じく栄町通りそばの 波ぬ花 を訪れました。

2 件目で 19:00 とは私には珍しい行動パターンですが、私以外のメンバーはルフージュ + 波ぬ花もこの時間帯もほぼ普段通りの様です。今回はただ付いていくだけで実にお気楽な参加です。

波ぬ花 (1)

波ぬ花 (1)

ルフージュから 1 – 2 分の栄町通り沿いに目印があります。

波ぬ花 (2)

波ぬ花 (2)

右折してすぐにお店らしき場所にたどり着きました。さらに右に曲がると

波ぬ花 (3)

波ぬ花 (3)

おぉ、この風格。

波ぬ花 (4)

波ぬ花 (4)

カウンターとソファー席があり、こちらでもソファー席に座りました。早い時間もあってまだ誰もいません。

裏メニューで泡盛がある様ですが、折角ですからストレートにワインをいただくことにします。

波ぬ花 (5)

波ぬ花 (5)

"白がいい ? 泡がいい ?" と聞かれ、初めは意味が分からず 1.5 秒程一時停止してしまいました。どちらも好きなので、順序は忘れましたが両方いただきました。

お店の雰囲気と前菜がマッチしているためか、いつもより白ワインやスパークリングワインが水の様に美味しく感じます。ここでも料理はお任せしました。

波ぬ花 (6)

波ぬ花 (6)

水ナスのわさび・三杯酢和えです。シュワシュワした泡と合い、蒸し暑いこの時期にはぴったりとの女将の心添えです。作り方が 今年もやって来た? で紹介されていますね。

波ぬ花 (7)

波ぬ花 (7)

驚いたのがマンゴーのピクルス。パパイヤは果物向きと野菜用途の品種があると知っていましたが、このマンゴーも野菜用途かもしれません。

同行したメンバーも初めてだった様ですが、これもまた白ワインやスパークリングワインに合う実に美味なおつまみです。他にもいただいたかもしれませんが、ここでも 5 人で 8,000 円程度で何ともリーズナブルでした。

今回はルフージュ -> 波ぬ花の 2 件でお開きとなりましたが、このペースであればもう 1 件行っても良かったかもしれません。栄町デビューは地元の有名店を訪れて、大満足のうちに果たすことが出来ました。(続く)

Season 1 (2013/10)
Season 2 (2014/02, 2014/04)
Season 3 (2014/05)
Season 4 (2014/09)
Season 5 (2014/10)
Season 6 (2015/05)
関連ページ

Random Select

くるくまスペシャル
沖縄本島 (No. 35 – 富士家ぜんざい) の続きです。今回は 09/19 – 09/24 の 5 泊 6 日の旅程で、09/22 からはセカンドステージです。初日は久しぶ
エチオピア 本店 1F 入口
ここ最近はすっかり豆カレーがお気に入りで、辛さ 40 – 50 倍も試しています。三鷹の森ジブリ美術館 (Part 1) は祭日に行きましたが、その前にわざわざエチオピアに行ってしまう程。
瀬底ビーチ (伊江島)
07/14 (日) は、すでに 2 ヶ月近く前から計画していた北部ドライブでした。本島から行ける離島でも伊江島は行ってみたい島 No. 1 でしたし、いつか行こうと構想して早 2 年程。ようやくその機
300g
キッチン カロリー (日本一美味しいサーモンフライ) のすぐ隣にある ザ・ハンバーグ (The Hamburg) も、知る限りは 15 年近くは頑張っています。過去何度か訪れていますが、今回久しぶりに
WS-C2960S-48TS-L (1)
先日、Drive Network サービスで提供する基本環境の大半を FreeBSD 7.1-RELEASE i386 -> FreeBSD 9.1-RELEASE amd64 に移行しましたが
しょうぶ沼公園 (2)
8 ヶ月ぶりの沖縄旅行の翌週は、自宅近所の しょうぶ沼公園 を散策しました。ちょうど しょうぶまつり が開催されていた時期で、今までも開催自体は知っていましたが訪れたことはありませんでした。お祭り広場
radserv ope 04
これは、radserv X (T8100) のハードディスクの換装作業のショットです。納品時は 1TB x 2 でしたが、2TB x 2 に換装しています。では、手術風に。正中切開します。 
手打ち生麺 沖縄そば定食
以前から興味があった "手打ち生麺 沖縄そば定食" を試してみようと突然思い立ち、1 週間ぶりに訪れました。うちなぁ料理と古酒家 ニライカナイ (ソーキそばセット) で投稿した 0
カツカレー
"3500 円のカレー" で賑やかな世間を尻目に、庶民のカレーを食べに行きました。有名な キッチン南海 の神保町店です。小川町のオフィスそばにもありますが、本当かどうかは別にして店
Drive Network Philosophy
Drive Network "こだわり" シリーズ第 5 弾は、"1 クリックインストール" です。これは、Movable Type, WordPress, E
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint