Home » Food » 沖縄本島 (No. 49 – 波ぬ花) (Tag: , )

17:30 にスタートした 沖縄本島 (No. 48 – ルフージュ) でエンジンがかかった後は、同じく栄町通りそばの 波ぬ花 を訪れました。

2 件目で 19:00 とは私には珍しい行動パターンですが、私以外のメンバーはルフージュ + 波ぬ花もこの時間帯もほぼ普段通りの様です。今回はただ付いていくだけで実にお気楽な参加です。

波ぬ花 (1)

波ぬ花 (1)

ルフージュから 1 – 2 分の栄町通り沿いに目印があります。

波ぬ花 (2)

波ぬ花 (2)

右折してすぐにお店らしき場所にたどり着きました。さらに右に曲がると

波ぬ花 (3)

波ぬ花 (3)

おぉ、この風格。

波ぬ花 (4)

波ぬ花 (4)

カウンターとソファー席があり、こちらでもソファー席に座りました。早い時間もあってまだ誰もいません。

裏メニューで泡盛がある様ですが、折角ですからストレートにワインをいただくことにします。

波ぬ花 (5)

波ぬ花 (5)

"白がいい ? 泡がいい ?" と聞かれ、初めは意味が分からず 1.5 秒程一時停止してしまいました。どちらも好きなので、順序は忘れましたが両方いただきました。

お店の雰囲気と前菜がマッチしているためか、いつもより白ワインやスパークリングワインが水の様に美味しく感じます。ここでも料理はお任せしました。

波ぬ花 (6)

波ぬ花 (6)

水ナスのわさび・三杯酢和えです。シュワシュワした泡と合い、蒸し暑いこの時期にはぴったりとの女将の心添えです。作り方が 今年もやって来た? で紹介されていますね。

波ぬ花 (7)

波ぬ花 (7)

驚いたのがマンゴーのピクルス。パパイヤは果物向きと野菜用途の品種があると知っていましたが、このマンゴーも野菜用途かもしれません。

同行したメンバーも初めてだった様ですが、これもまた白ワインやスパークリングワインに合う実に美味なおつまみです。他にもいただいたかもしれませんが、ここでも 5 人で 8,000 円程度で何ともリーズナブルでした。

今回はルフージュ -> 波ぬ花の 2 件でお開きとなりましたが、このペースであればもう 1 件行っても良かったかもしれません。栄町デビューは地元の有名店を訪れて、大満足のうちに果たすことが出来ました。(続く)

Season 1 (2013/10)
Season 2 (2014/02, 2014/04)
Season 3 (2014/05)
Season 4 (2014/09)
Season 5 (2014/10)
Season 6 (2015/05)
関連ページ

Random Select

東京国際展示場 (2)
2013/05/08 – 2013/05/10 で開催されている クラウド コンピューティング EXPO に足を運んでみました。従来この手のイベントには参加しませんが、今もなお定義が確固と
湧出 (1)
伊江島 (No. 3 – 伊江島タッチュー Part 2) の続きです。城山 (ぐすくやま) から降りて登山口の売店を少し眺めた後は、移動を開始しました。湧出 (わじー)湧出は伊江島の北側
タコライス + オニオンリング
沖縄本島 (No. 38 – 肴家あうん) の続きです。翌日のランチは、沖縄本島 (No. 19 – タコス屋 <Tacos-ya>) 以来、5 ヶ月ぶりに タコス
本革パスケース
ある日 与那国島 雑貨さくらのブログ を読んでいると、手縫いの与那国花織の本革名刺入れを限定 8 個で公開していました。(都会でピッ・・・)名刺入れとして使えるし、Suica や PASMO で出入り
Drive Network Philosophy
6 回に分けて説明した "Drive Network のこだわり" シリーズは、2 年程前に浜松・沖縄の Drive Network に直接関わっていないスタッフに向けたサービス説
豚骨味噌 白髪ネギラーメン 味こいめ 脂あっさり (1)
哲麺 (豚骨醤油 青ネギラーメン 味こいめ 脂あっさり) から日を空けずして再び訪れました。いつもの凝り性全開です。3 回目もカウンター席でしたが、後ろ壁側の席が珍しく空席でした。気が付くとサインがた
エビだけ天丼 (2)
My Select "日本一シリーズ" 第 2 弾です。"エビだけ天丼" というメニュー自体、あまり聞きませんが沖縄出張の際の楽しみの 1 つになりつつあります
名物黒豚餃子 並盛定食
My Select "日本一シリーズ" 第 3 弾です。お茶の水界隈を 20 年知っている私としては、ここは外せない店舗の 1 つです。知ったのが 12 年程前ですが、ずっと変わら
プレミアム急冷器 (6)
プレミアム急冷器 (Part 1) の続きです。さて、いよいよ冷却開始です。直接氷を投入するレトロ感にも驚きましたが、EXTRA COLD (クーラー) と違って、タイマーが付いていません。金色のスイ
中本鮮魚店 (4)
久高島 (No. 5 – 久高船待合所) の続きです。久しぶりに久高島を訪れてエネルギーをもらった様な感じがしました。本島南部に戻ってから特に予定は決めていませんでしたが、天ぷらで有名な
Valid HTML5 Valid CSS3 Another HTML Lint